第57回『資本論』学習会 第23章、第2節「蓄積とそれにともなう集積と進行中における可変資本部分の相対的減少」を学習する


5月23日(木)「アイセル21」にて『資本論』学習会を開きました。第23章の第2節を読み合わせしポイント説明を行い討論に入りました。

 討論では、「本文に『資本主義生産とともに一つまったく新たな力る信用制度が形成され』と書かれているが、この信用制度とは何か」「ここでの信用制度とは、その後に書かれている『社会の表面に大小の量で散財している貨幣資力を、目に見えない糸で個々の資本家または結合資本家の手にかき集め』と書かれているように、銀行制度の事を言っているのでは」「本文で『資本の蓄積』、『資本の集積』、『資本の集中』という用語が使われているが、この違いは」「資本の集積とは、個別資本のもとで獲得された剰余価値を追加資本とする事による生産手段と労働力の集積の事であり、資本蓄積の別の表現です。資本の集中とは、二つ以上の資本が合併・吸収する事で資本価値を増大させる事で、資本家による資本家の収奪とは言える。集積と集中は違うが、資本の蓄積過程においては、資本の蓄積を基礎として資本の集中が行われ、集中によって集積が促進される面もあり、集積と集中は互いに作用しあう」「本文で『独自的資本主義的生産様式』と言う用語が使われているどの様な事か」「機械制大工業制の元での資本主義の事ではないか」など話合いました。

◇次回は、6月13日(木)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、第3節「相対的過剰人口または産業予備軍の累進的生産」。持ち物は、新日本新書版『資本論』第4分冊。

第55回『資本論』第一部・学習会 第22章「剰余価値の資本への転化」第4節と第5節を学習


4月26日(木)『資本論』学習会を開き、第22章、第4節「資本と収入とへの剰余価値の分割比率とは別に蓄積の規模を規定する諸事情、労働力の搾取度一労働力の生産力一使用される資本と消費される資本との差額の増大、前貸しされた資本の大きさ」、第5節「いわゆる労働元本」を読み合わせしポイント説明を行い討論に入りました。

 討論では、「本文で『価値以下への労賃のこの強制的引き下げがあまりにも重要な役割を演じている』と指摘しているが、今日では労賃が価値以下に引き下げられ、それが資本の利潤確保の重要な手段とされている。この資本の信条はマルクスの時代と全く変わっていない」「第5節で『ドグマ』が語られているが、このドグマとは何か」「ベンサム、マルサス・ジェイムズ・ミル、マカロックなどによって資本主義的搾取を覆い隠し弁護するため資本の一部である可変資本、つまり労働力に対して支払われる資本を固定した大きさのものだと主張した事ではないか」「本文で『電気などのような自然力と同様の無償の役立ちをする』とはどの様な事か」「労働手段は、価値としては部分的に商品に移転されるが、その使用価値、は自然力同様に労働が継続する事にで、無償で使用される」などと話合いました。

◇次回は、日時、5月9日(木)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第11集会室。内容は、第23章「資本主義的蓄積の一般法則」、第1節。持ち物は、『資本論』(新日本新書版・第4分冊)。

勤労者通信大学憲法コース学習会開催


県商連において、今年勤労者通信大学の憲法コースに6名の事務局員が受講しました。チューターの瀬川事務局長と助言者の多田(学習協事務局長)を含め、8名で第1回学習会を県商連会議室で行いました。

はじめに各人の自己紹介と憲法コースを学ぶ意義等について話がされ、その後、教科書の読み合わせと討論を行いました。1時間ごとに休憩をとり、午後の4時間をかけて行いました。

ほとんどの人が入局したばかりの20代、30代の事務局員です。

質問としては以下のようなものがありました。

・日本人は戦闘が好きな民族ですか?

・「君が代」は学校のときから何気なく歌っていたけれど、歌詞の意味は?

・1946年に憲法草案の「戦争放棄」に対し、世論調査で70%しか賛成していなかったのは意外だった。もっと大部分の人が賛成しても良いのにと思った。