『経済』1月号・掲載の座談会「グローバル資本主義をどうみるか」を読み合わせと討論


2018年最初の「現代経済学習会」を1月16日(火)に開き「座談会『グローバル資本主義をどうみるか』」の4人の報告を読み合わせ討論しました。
討論では「『先物為替取引の実需原則の撤廃』とは何か」「通貨を投機の対象とするため、実際の商品取引に伴う為替取引から商品取引でなくても行う事が出来るようにする事では」「『世界的に実体経済と乖離して膨張し続けている架空資本市場』の源泉は何であるか」「利子の源泉が剰余価値である事は明らかだが、架空資本の源泉も剰余価値ではないか」「例えば、国債の価値としての源泉は、将来の税収でありそれは将来生産される価値の先取りではないのか」「『国家独占資本主義論などをどのように再構築すべきか、今後の理論的・実証的研究』と言っているが」「安部内閣が、日本を世界一企業が活動しやすい国にすると言っているが、それは日本の大企業だけでなく、世界の多国籍企業に対し日本への投資を促すための政策ではないか」「日本国内の雇用を守るためにも、大企業の多国籍企業化を規制する必要があるのでは」「外国では5人程度の工場閉鎖でもマスコミが取り上げるのに、日本では大きな規模での工場閉鎖でもマスコミは取り上げない」など意見が出ました。
◆次回は、2月20日(火)午後6時30分より、会場は「アイセル21」第11集会室、内容は『経済』2月号座談会「岐路に立つ日本経済-『アベノミクス5年』、大胆な政策転換を」の読み合わせと討論、持ち物は『経済』2月号

市民と野党の共闘で明日をひらく 改憲を阻止し暮らしを守る政治へ


静岡支部『学習の友』学習会

今回は特集の一つ「総選挙結果とこれからの闘い」(山田敬男労働者教育協会会長・現代史家)を読合せしました。総選挙結果は自民党の「圧勝」とメディアは言いますが、幾つかの要因があります。第一は「小選挙区効果」で、4割の得票で6割台の議席を占める、「虚構の多数」と言えます。第二は、野党共闘の破壊の結果です。安倍首相は野党共闘を一番恐れており、共闘の準備が進まないうちに大義のない解散に踏み切り、同時に希望の党による民進党解体がもくろまれました。第三に北朝鮮の弾道ミサイルの発射と、核兵器の開発と実験の脅威をあおり、利用したことです。しかし、この分断と逆流に抗して、市民と野党共闘を守り発展させる新しい闘いが生まれ、今後の闘いの可能性を切り開いたと指摘します。3野党と市民連合の政策合意、各地域で候補者一本化、立憲民主党が野党第一党になる等々貴重な成果を上げました。安倍首相は今年の通常国会で改憲発議を行なおうとしています。これに対して市民連合は市民と立憲野党の共同の力で立ち向かおうとしており、「安倍9条改憲NO! 全国市民アクション」は3000万署名を提起しています。この仲間が「力」を身につけるには学習が大事で、本質を理解し世の中と運動の未来に確信をことが可能となると結んでいます。

『資本論』学習会、第8章、第5節「標準労働日のための闘争14世紀中葉から17世紀末までの労働日延長のための強制法」を学習


今年第1回目の『資本論』学習会を11日に開き、6名が参加しました。『資本論』本文の読み合わせとポイント説明の後、討論に入りました。
討論では、「最初の所で『これらの質問にたいして、上述したように資本は答える。』と言っているがこの上述とは何か」「同じ第8章の第1節で『労働日とは何か』と言って資本家の労働日に対する考えを書いてあるが、この事を言っているのではないか」「本文で経済学者のポスルスウェイトと『工場および商業にかんする一論』の著者の意見を書いてあるがこの要旨は」「ポスルスウェイトは、労働者の立場に立ち労働時間の現状を擁護しているが、『工場および商業にかんする一論』の著者は、資本家の立場から労働時間の延長を擁護しているのではないか」「14世紀から18世紀中葉までの資本家の労働時間延長の要求が『つつましいものに見える』と書いてあるが、何と比較してそのように見えるのか」「マルクスの時代の資本は、児童や少年の労働時間を12時間に制限をいやいや受け入れたが、それと比較すると前の世紀の資本家の大人の労働者に対する労働時間延長の要求は、実質12時間で、『つつましい』と言っているのでは」などの意見が出ました。
◇次回は、1月25日(木)午後6時30分より、会場は「アイセル21」第12集会室、内容は、第6節「標準労働日獲得のための闘争。法律による労働時間の強制。1833年から1864年までのイギリス工場立法」、持ち物は、新日本新書版『資本論』第2分冊です。

「『資本論』全3部を歴史的に読む」学習会を開く


「『資本論』全3部を歴史的に読む」の第8回学習会が21日に開かれ7名が参加し『経済』12月号を読み合わせし意見交換を行いました。意見交換では、「日本の地代は、5公5民と言われ、半分は地主の米倉に運び込まれた。」「日本農業は家族経営が中心だが、トマトの生産などに大資本が参入し大規模生産を行っている。安部政権は農業に大資本の参入を狙っている。」「スミスのドグマとは、不変資本部分がどの様にして生産物に移されるのかが分からなかった事だと思うが、マルクスは何故その事が分かったのか。」「労働の二重性の解明が古典派経済学では出来ず、マルクスは労働が新しい価値を生産するのと同時に生産手段の価値を生産物に移す事を解明できた。」最後に全8回の学習会に参加した感想として、「今回の学習で『資本論』を歴史的に読むという事の大切さを教えてもらった。」「この学習会に参加したことを切っ掛けに、『資本論』と解説書を購入し学習を始めている。」「『資本論』は昔国民文庫版を購入したが、部分的には学んできた。今回学習会に参加し『資本論』の学習を実際の活動にどの様に生かしていくのかがこれからの課題だと思う。」「『資本論』本文は読んでいるが特に再生産論の内容を掴む事の努力をしていきたい。」などの感想が出されました。
来年からは、12回の予定で「日本近現代史を読む」の学習会を行います。みなさんの参加を呼びかけます。第1回は、日時は、2018年1月26日(金)昼の部は、午後2時~4時15分、夜の部は、午後6時~8時45分。会場は、昼夜とも「アイセル21」第42集会室。内容は、「日本近現代史を読む」の読み合わせと討論。持ち物は、「日本近現代史を読む」(新日本出版社)

『資本論』学習会、第8章「労働日」第4節「昼間労働と夜間労働。交替制」を学習


12月21日(木)「アイセル21」にて『資本論』学習会を開き、7名が参加しました。第8章の第4節を読み合わせ、準備したレジュメに基づき多田さんがポイント説明を行い討論に入りました。
討論では、「江戸時代には、夜間働く事は無かったが、明治になり機械が導入されるようになると、日本でも交替制が入った。資本主義は人間の自然の生理を無視し人間性を破壊する」「電気が発明されるなど新しい技術が資本主義では夜働くために利用され、資本の儲けに利用されている」「電電公社の時代には、電報の職場では、8時~4時、7時~9時、5時~8時の3交替制が行われていた」「60~70年代の日立の職場では、夜間労働には昼間の労働よりも倍の賃金が支払われていたが、今はほとんど賃金に差がない」「機械が導入され資本主義が発展すると、労働の主体が人間から機械に移り、交替制など機械に人間が使われるようになり、労働の疎外がより激しくなる」「交替制などにより労働時間が長くなると自由な時間がますます少なくなる。自由の時間こそが、人間本来の時間であり、人間の成長の時間であり、また労働運動など社会的な運動がここで行われる。新しい社会を作るためにも自由時間の獲得が大事では」など話し合いました。
次回は、2018年1月11日(木)午後6時30分より。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、第5節「標準労働日のための闘争14世紀の半ばから17世紀末までの労働日延長のめの強制法」。持ち物は、新日本新書版『資本論』第2分冊です。

現代経済学習会-『経済』12月号「さらば、真実から目を背ける者たち-日本経済と『ポスト真実』を学ぶ


12月19日(火)「現代経済学習会」を「アイセル21」にて開き『経済』12月号掲載論文「さらば、真実から目を背ける者たちー日本経済と『ポスト真実』」を読み合わせ討論しました。
討論では「座談会の中で日銀の『異次元の金融緩和』政策の本当の目的は、安部政権が必要とする資金を供給する事との指摘があるが、この指摘にはハットさせられた。こんが本当の目的だと思う。」「政府が必要とする財源を国債という形で、借金で供給する目的は、アメリカに付き従い海外で戦争をする国づくり、そのため軍事予算などを作る事、新しい富国強兵政策との指摘に納得した。憲法9条の改正で自衛隊が海外で本格的に戦争する国作りの経済版だと思う。」「座談会での指摘は、現実に財界のシンクタンクなどが『財政赤字は『連結決算』で理解せよ』などと言ったり、『シムズ理論』を賛美する見解を表明するなどの動きを結びつけて理解する視点を与えてくれている。」「安部政権の政策は、日銀の破綻、日本国の財政破綻に導く亡国の政策であり、全く無責任な政策で安部政権を倒さなければならないと強く思った。」「気づいたら楽しく『共謀する』の指摘は、市民が草の根で連帯する事が今ほど重要になっている時期はないと思う。」などの意見が出されました。
◇次回は、2018年1月16日(火)午後6時30分~8時30分、会場は「アイセル21」第12集会室、内容は、座談会「グローバル資本主義をどうみるか」の読み合わせと討論、持ち物は『経済』1月号です。

『資本論』第8章、第3説「搾取の法的制限のないイギリスの産業諸部門」を学ぶ


12月14日(木)第24回『資本論』学習会を開き8名が参加しました。『資本論』本文の読み合わせとポイント説明の後、討論に入りました。
討論では、「マルクスは、当時『信じられないほどのパンの不純物混和』と言っているが、同じくコーヒーにも不純物が入れられており、不純物の入っていないコーヒーを求めて、この時期に労働者が自ら事業に参加するようになり、これが生協の始まりとなった」「婦人服仕立所での長時間労働での過労死の例が出ているが、今日の日本でも電通の職場なとで過労死が大きな社会問題になっている」「40時間から50時間の長時間労働による鉄道事故で数百人の乗客が死亡したと言っているが、今日の日本では観光バス運転手の長時間労働による事故があり、日本は19世紀のイギリスと同じ状況だ」「少し前になるが日立の鋳造職場で労働者が『みんな職場を退職すると2~3年で死亡してしまう、資本家は上手く俺たちを使っているのだな』との声を聞いたことがあり、搾取の渇望は19世紀のイギリスと今日の日本と同じだと感じた」「当時も働き過ぎによる労働者の死亡は、婦人服女工だけでなく鍛冶屋の職場でも死亡率が高いとの例がある」などの意見が出ました。
◇次回は、12月21日(木)午後6時30分より、会場は、「アイセル21」第12集会室、内容は、第4節「昼間労働と夜間労働。交替制」。持ち物は、新日本新書版『資本論』第2分冊です。

ウソで固めた安倍ラッパの音色とは! 18年国民春闘は生活を守る特別な春闘に


静岡支部『学習の友』学習会

今回は、特集「安倍政権5年間の経済政策を問う」を中心に読合せました。まず目で見る学習の3点「アベノミクスの成果は本当か?」「押し下げられるミスマッチ」をやりました。これらの政策のどの結果も、労働者・国民に犠牲を強いるものでした。                             次に、牧野富夫労働総研顧問の「安倍政権が誘う『天国と地獄』―アベノミクスの2つの顔」をやりました。この5年間で「実質賃金が50万円も」下が」った一方、「ワーキングプアといわれる働く貧困層は約43万人も増え」たと指摘します。「同じ時期に、日本の富豪40人の平均保有資産は4000億円へと倍増(対12年比)」。これがアベノミクスの「正反対の2つの顔」と述べています。そして「18国民春闘」で「怒りをぶつけ」「不正義を正し、人間らしい労働と生活を実現し」ようと訴えます。そして安倍政権の「働き方改革」の2つのウソについて解明しています。一つは、階級間の貧富の差の縮小を図る「富の再配分政策」などは、棚上げにし「格差拡大を温存しています。」もう一つは同一労働同一賃金の本来のあり方をねじ曲げています。」対象を企業内の正規と非正規の「賃金差の『解消』だけに狭め」、正規の賃下げを図るものだと、指摘します。「これが『ウソで固めた安倍ラッパ』の音色」と強く非難しています。

第7回「『資本論』全3部を歴史的に読む」学習会を開きました


「『資本論』全3部を歴史的に読む」の第7回学習会が24日に開かれ6名が参加し『経済』11月号を読み合わせし意見交換を行いました。意見交換では、「利子生み資本の事を『現実の資本運動の没概念的形態』と言っているがこの意味は何か」「利子の源泉は、産業資本や商業資本が労働者を搾取した剰余価値の一部が『利子』という形で銀行資本に移転したものだが、この事が見えなくなっており、お金が利子を生み出すように見え、搾取が覆い隠されている事では」「将来社会での選挙の性格について、『選挙の性格は、この名まえにかかっているのではなく、経済的基礎に、選挙人相互の経済的関連にかかっている』と言っているがこの意味は何か」「資本主義社会での選挙は、階級間の闘争の一つとして行われるが、将来社会では、選挙が階級闘争という性格を無くし、単なる社会の中での役割分担などの実務上の問題となる事ではないか」「利子生み資本と恐慌について『貨幣資本mの投入が再生産過程と恐慌の問題にどのような影響を及ぼすかを大きな主題としたね一つのまとまった考察』と言っているが具体的には」「銀行がその貨幣を再生産過程に投入する事によって、恐慌をより激しくする事では、具体的には、日本のバブル時やサブプライム問題の時などに大企業や銀行そのものの経営危機、倒産、廃業などが現実に発生したが、その事を見ても矛盾の激しさが分かるのではないか」などと討論しました。
◆次回は、12月22日(金)午後2時より、会場は、「アイセル21」第42集会室、内容は、第8回目の「『資本論』全3部を読む」の読み合わせと討論、持ち物は、『経済』12月号です。

『資本論』学習会、第8章「労働日」第1節「労働日の限界」と第2節を学ぶ


11月23日(木)「アイセル21」にて『資本論』学習会を開き、8名が参加しました。第8章の第1節と第2節を読み合わせ、準備したレジュメに基づき松本さんがポイント説明を行い討論に入りました。
討論では、次のような意見や疑問が出されました。「本文で『労働日の延長は社会的慣行的な諸制限に突きあたる。…それらの諸欲求の範囲と数は、一般的な文化水準によって規定されている』と書いてあるが、日本でのこの社会的慣行、文化水準の規定とは何か」「日本での労働時間は基本的に長いが、正月休みなどは日本的な文化ではないか。」「フランスでのバカンスは労働者の闘いで実現したものだが、今では社会的慣行と言って良いのではないか」「1856年の『工場監督官報告書』で労働時間の10分、15分、20分『ひつたくり』『こそどろ』などの表現で資本家の剰余労働に対する渇望の事を言っているが、現代の日本でもサービス労働や朝礼、着替えの時間を労働時間に入れないなど、マルクスの時代と同じ事が行われている」「本文で『剰余労働に対する渇望の積極的表現』と『消極的表現』とあるが、この消極的・積極的とは」「本文で『スラブ的形態の共同所有』とあるが、このスラブ的とは」などの意見交換を時間まで行いました。
◆次回は、12月14日(木)午後6時30分より8時30分、会場は、「アイセル21」第12集会室、内容は、第8章の第3節「搾取の法的制限のないイギリス産業諸部門」、持ち物は、新日本新書版『資本論』第2分冊です。