『経済』4月号 座談会「トランプ政権の発足とアメリカ」を学習


IMG_02864月18日(火)「現代経済学習会」を「アイセル21」にて開き、「トランプ政権の発足とアメリカ」の3人の報告を読み合わせて討議をしました。
討議の中では、トランプ政権を生み出したアメリカ社会について「シリアへのミサイル攻撃でトランプの支持が10%上がったがこのようなアメリカ社会をどう見るか」との問題提起があり、「社会をまとめる時に外国に敵を求めそれにより国内の世論を自分に有利にしていく手法ではないか」「アメリカにはサンダースを中心とした運動もあり、国内の矛盾は今回の事で解決されるような問題ではないのでは」。報告の中で「2008年の選挙ではオバマに投票した労働者が今回では一部はトランプにそしてサンダース投票している」との指摘があるが今後のアメリカの動きを見る時に労働者の声を本当に代表するサンダースのような動きの動向を注視する事が必要では」「日本でも小泉や橋本を支持する国民の動きがあった。トランプ政権を生み出したアメリカ社会の矛盾した動きは日本でも再び起きないとは言えないのでは」。最後に最近の北朝鮮問題で「戦争をさせない世論、社会の力と運動が日本でもアメリカでも求められているのではないか」などの意見が出されました。
◇次回は、5月16日(火)午後6時30分~8時30分、会場は「アイセル21」第12集会室、内容は『経済』5月号掲載の「『資本論』第1巻の魅力」の読み合わせと討議、持ち物は『経済』5月号です。

「戦後日本経済史」参加者募集中


「戦後日本経済史」を開催します。

6月24日(土)「対米従属とグローバル化で見る 戦後日本資本主義の発展」友寄英隆氏

7月8日(土)「日本的労使関係で見る 日本資本主義の展開と解決」藤田実氏

7月22日(土)「社会保障から見る 日本社会の格差と貧困、今後の課題」唐鎌直義氏

会場 第1、第2講義 静岡労政会館 視聴覚室

第3講議 あざれあ(労政会館隣り)502会議室

時間 午後1時20分~4時40分

多くの方の参加をお待ちしています

日本経済史チラシ

『資本論』第1部 第2章「交換過程」を学びました


学習会4月13日(木)第10回目の『資本論』学習会を8名の参加で開きました。
第2章「交換過程」を読み合わせ、渡辺さんが準備したレジュメと資料を使いポイントを説明し討論しました。
討論の中では、「商品の本性のうちに眠っている使用価値と価値との対立を発展させる。」とあるがこの意味は「マルクス引用している『この者どもは、心を一つにしており、自分たちの力と権威を獣にゆだねる。…』の意味は、また『ヨハネ黙示録』とは」「交換過程は、それが貨幣に転化させる商品に、その価値を与えるのではなく、その独特な価値形態を与える」とあるこの理解は大事ではないか。など意見や疑問が出されました。討論では「商品は価値と使用価値の二側面も持ち対立している。交換過程でその対立が発展する。貨幣の登場でその矛盾が一時的に解決するが、それは一時的でやがてその矛盾は深まり恐慌の可能性となる。」「貨幣は商品であるがそれは一般的等価物としての独特の使用価値をもつようになる。この役割は金が価値を持っているからであり、決して想像的なものではない。」「ヨーロッパでは聖書の内容は広く知られており、マルクスはその事を前提にこの引用をしたのではないか。」などの意見が出されました。
◆次回は4月27日の木曜の午後6時30分より、会場は「アイセル21」第22集会室、内容は第3章「貨幣または商品流通」の第1節「価値尺度」です。

民営化・民間委託=コスト削減、この「常識」は正しいのか?


静岡市『学習の友』学習会

4月4日に、4月号を使って読み合わせ学習会を行いました。P66の「公共サービスの労働条件とコスト」(高木光氏 労働ジャーナリスト)は、これまで公共サービスの民営化・民間委託化が進められてきたが、コスト面で必ずしも行政の支出削減になるとは限らないと指摘し、幾つかの事例を紹介しています。長野県の安曇野赤十字病院では、業務委託に伴いパート労働者を委託先へ移るか、雇止めの提案が病院側からされましたが、組合との交渉を重ねる中で、委託化で毎年300万の支出増が生じると病院側が認め、委託化の理由が分からず当面見送りとなりました。

韓国・ソウル市では、ここ数年、市の業務に就いている非正規労働者8800人の正規化を進めています。内約6000人が派遣や請負の形の労働者でした。正規化することで「費用が節減できた」と言います。これは、派遣業者等の取り分として、付加価値10%、一般管理費15%が余計にかかる。直接雇用で25%削減し賃金に回すことが可能になるそうです。なお、内1500人はパートなどの直接雇用を正規化したので、コスト増となったようです。「民営化・民間委託でコスト削減」という「常識」が覆されています。入札などの行き過ぎた低価格競争も行政の質の低下につながり、長続きしないでしょう。今、民営化・民間委託の「常識」を根本から問い直す時期です。

『経済』3月号掲載論文「安倍軍拡と経団連・軍事産業の動き」学習


IMG_06113月28日(火)午後6時30分から第4回「現代経済学習会」を開き、『経済』3月号の「安倍軍拡と経団連・軍需産業の動き」を読み合わせと討論を行いました。
討論では、「米軍から直接兵器を購入している事は、軍事機密を守る事が必要な事が理由ではないか」「この論文であらためて軍事産業の動きを知り、ここまで経済の軍事化が進んでいる事に驚いた。」「安倍の『戦争する国づくり』の背景に経団連と軍事企業の動きがあり、安倍の特異な右翼的な思想だけでない事を改めて思った。この動きをストップさせるには自民党政権を倒すことが必要だと思った。」「日立は2000年に防衛部門を確立しそれが拡大しているが、その動きの背景が分かり、また日立はソフト部門が多い。」「アメリカ政府主導のFMS調達はあまりにも対米従属的な内容に驚いた。」「軍事産業は、他の産業部門な比べてと特異な性格を持っている。と言うが関連する『軍事生産の理論問題』を学び日本経済の発展を大きく阻害するものである事を知った。」「経済の軍事化は戦争への道であり、許してはならない。その事を大前提とする必要がある。」など意見や疑問、感想が出され時間いっぱいまで討論をしました。
次回は、4月18日(火)午後6時30分より、「アイセル21」第12集会室にて、内容は、『経済』4月号掲載の座談会「トランプ政権の発足とアメリカ」を読み合わせと討論を行います。持ち物は、雑誌『経済』4月号です。

『資本論』学習会、第4節「商品の物神的性格とその秘密」学ぶ


IMG_02763月9日(木)午後6時30分から第9回『資本論』学習会を7名の参加で開きました。(上の写真)第4節「商品の物神的性格とその秘密」の部分を読み合わせをし、多田さんのポイント説明の後、討論に入りました。
討論の中では、「商品の物神的性格」とは何を具体的に言っているのか。「その脚で床に立つだけでなく、他のすべての商品にたいしては頭で立ち、そしてその木の頭から、テーブルがひとりでに踊りだす場合よりもはるかに奇妙な妄想を展開する。」これはどの様な意味か。など疑問が出されました。
「物神崇拝は、資本主義社会で人間の労働が疎外される具体的な現れではないか。」「中世のヨーロッパでは呪術が流行してした。マルクスはそれを利用してこのような言い方をしたのではないか。」「商品の謎的性格については、本文123ページのその事の要点が書かれているのではないか。」などの意見も出され討論しました。
次回は、午4月13日(木)午後6時30分から8時30分まで、内容は「第2章 交換過程」です。会場は「アイセル21」第12集会室。テキストは資本論第1部(新日本新書版『資本論』第一分冊)です。ぜひご参加下さい。

「自治体財政を知る講演会」開く


IMG_02652月28日(火)午後6時30分より、「静岡市社会科学・学習会」は、川瀬憲子静岡大学教授を講師に「自治体財政を知る講演会」を「アイセル21」第41集会室にて開き、20名が参加しました。(写真は講演する川瀬教授)また、山本明久共産党静岡市議が市政の現状について報告しました。
川瀬教授は、「2017年度政府予算案と自治体財政の課題」としてパワーポイントの資料を使用しながら地方財政を取り巻く課題、2017年度政府予算案の概要、2017年度地方財政はどうなる、格差・貧困、待機児童、介護、静岡県財政と静岡市財政、地方創生事業と震災復興事業、熱海市、伊東市、石巻市の事例の5つの柱で講演しました。
この中で、自治体財政は国の政策、地方財政計画によってコントロールされている現状を示し、地方分権ではなく集権的な傾向が強くなっている事を指摘、地方財政を見る場合、国の動向を合わせて分析する必要性を指摘しました。
国は、社会保障関係費をカットし防衛関係費の大幅増、地方財政では交付税が5年連続して削減されている事、人件費の抑制と民間委託・民営化の拡大、福祉分野では市場化が拡大されている事などを指摘しました。
最後に、東日本大震災復興事業が遅れている事、その背景に自治体合併により自治体中心部と周辺部の格差が広がっている事を指摘しました。
山本明久共産党市議は、平成17年度から27年度の決算について報告、その中で人口が減少し地方交付税が50億円減っている事、地方債現在高が947億円増えている事を報告、来年度予算はハコ物建設を中心とした「3つの都心づくり」を推進する一方で、高齢者施設や学校教育施設など市民生活に必要な公共建築物を大きく減らす計画が進んでいる事を明らかにしました。また、3月の市議選の争点と意義について報告しました。
質疑では、清水区の市庁舎を新しくする計画があるが、現在の市庁舎を民間にフロアーとして貸し出す計画があるが、これをどの様に見たら良いのか。全国でこのような事で成功している事例があるのか。
国が地方自治体に対して誘導を強力に行っている中、沖縄などではオール沖縄で基地問題などで国と対決し住民の平和的生存権を守る闘いが進んでいるが、地方財政、住民福祉などで国言いなりではなく、独自の取り組みで住民本位の施策を推進し成功している事例はあるのか。
駅前開発などを静岡市が行っているが実際には市民に役立つていないのではないか。18歳の若い人が静岡市の外から見て新鮮な疑問の声を出している。このような開発には無駄なお金があるのではないか。また、再開発ビルへの市の補助金などが出ているが、どうか。
清水区の桜が丘病院移転問題で、タウンミーティングでは関係する住民の間では大きな疑問や怒りの声がある。どのように見たら良いのか。
など質問や疑問、意見などが出され、川瀬教授、山本市議が丁寧に答えました。

第8回『資本論』学習会を開き、価値形態論を学習しました。


IMG_02512月23日(木)第8回目の『資本論』学習会を開き、第3節のB全体的な、または展開された価値形態、C一般的価値形態、D貨幣形態のところを学習しました。学習会には7名が参加し、読み合わせとポイント説明の後に討論に入りました。(上の写真)
討論の中で「相対的価値形態の発展の程度には等価形態の発展の程度が対応する。しかし、しかもこれは十分注意すべきことであるが」と書いてあるがこの「注意すべきこと」とは何か。「価値形態一般が発展するのと同じ程度で、その両極である相対的価値形態と等価形態との対立もまた発展する」とは。「全体的な、または展開された価値形態の欠陥の所で3点上げているが具体的にどの様な事か」「展開された相対的価値形態の欠陥は、それに対応する等価形態に反映する」とは。「一般的等価形態が金に癒着する」とあるが、なぜ銀ではないか。「商品Aが他のあれこれの商品種類にたいして価値関係にはいるのに従って、…商品Aの個別的価値表現は、商品Aのさまざまな簡単な価値表現の絶えず延長可能な列に転化する」は弁証法一つの法則を示している。など質問、意見が出て時間まで討論しました。最後に、出された疑問は十分解明されたわけではありませんでしたが、引き続き学習を進め、理解する努力をしていく事を確認しました。
次回は3月9日(木)午後6時30分より8時30分まで、会場は「アイセル21」第42集会室、内容は第4節「商品の物神的性格とその秘密」です。ぜひご参加ください。

『経済』2月号掲載論文「日本経済の長期停滞はなぜか」を学習


2月21日(火)「現代経済学習会」を「アイセル21」でを開き、5名が参加し、『経済』2月号掲載の「日本経済の長期停滞はなぜか」を読み合わせ、討議しました。(下記の写真)
討議の中では次のような疑問や意見が出されました。「企業物価も16年10月まで19ヵ月連続でマイナス」とあるが「企業物価」とは。「日本経済の再生にとってアベノミクスは失敗しているが、アベノミクスは、家計から大企業と富裕層へ所得を移転することが目的で、その意味では成功しているのではないか」。
「マルクスは晩年、エコロジーなどに関心を持ち最後まで研究を意欲的に進めていた」。「現在経済の軍事化が進んでいるが、これはアベノミクスの経済政策ではないか」。「金融緩和による貨幣流通量の増大は、なぜインフレを起こさないのか」。「日本経済は戦前は日本帝国主義の侵略を支える経済、戦後はアメリカの軍事政策に協力しその事を通して大企業の成長を促してきた。国民生活を顧みない事が特徴では。」「トランプは多国籍企業の海外移転で米国経済の疲弊を彼のやり方で問題にしているが、これは成功するのか」「トランプのTPP反対と日本での反対とはどの様な関係か」など時間まで活発に話し合いました。
次回は、3月28日(火)午後6時30分から8時30分、「アイセル21」12集会室にて、『経済』3月号掲載の「安倍軍拡と経団連・軍需産業の動き」(佐々木憲昭)を読み合わせ、討議します。ぜひご参加ください。

IMG_0248

山田氏のキューバ旅行報告 社会・政治のあり方を決めるのは人民


静岡市『学習の友』学習会

今回は2月号の3つの記事を読み合わせしました。その中で山田敬男労教協会長の「キューバ旅行から考える」を紹介します。キューバがソ連崩壊やアメリカの経済封鎖等の困難な中で、社会主義をめざす体制を守り抜くことがなぜできたのか。それは、「キューバの政府と人民」が「必死になって革命の成果を守り抜いてき」たからだと言います。「革命の成果」とは、「象徴的には医療や教育の無料化といえます。」医療をみると、ファミリー・ドクター制を充実させ、すべての家庭を診療対象とするシステムを作り上げ、地域に根ざして市民の命と健康を守る努力が追求されています。教育も大学まで無料です。子どもの教育権を守る努力が必死になって、行われています。地域に「老人の家」と言う社交クラブのシステムが組織され、生きがいを創造するコミュニティー活動が積極的に推進されています。社会的弱者を守ることが平等社会の実現であり、民主主義であるという考え方があたりまえのように社会に根付いています。体制を守るには、政府と人民の団結が決定的な意味を持っています。とくに人民が主権者として成熟することが重要でした。山田氏が党員ではない女性のガイドさんに尋ねた答えとして、キューバの社会や国家のあり方を決めるのは、共産党ではなく人民である。共産党はサポートだ。社会や政治の要職に就く場合、党員であるかどうかでの差別はない、とのことでした。キューバの力強さを感じる報告でした。