「日本と世界の近現代史」第16回学習会・昼の部開く 第3章「20世紀末~21世紀初頭の資本主義」の世界1「自然・環境」~4「イデオロギー」を学習


静岡市社会科学学習会は、7月10日の午後、第16回学習会「アイセル21」で行いました。内容は、「第3章20世紀末~21世紀初頭の資本主義」の世界1~4です。

 討論では「テキストの82ページで人口知能の事などを触れているが『今日では、機械工業の原理(客観的分割原理)は、とめどなくすすみ、ナノメートル(nm、1ナノメートルは10億分の1メートルの長さ)を超える『分割』にまで工学技術が発展してきています』とあるが、ナノテクノロジーと良く合われるがどの様な事か」「『ナノテクノロジーとは、原子や分子の配列をナノスケールで自在に制御することにより、望みの性質を持つ材料、望みの機能を発現するデバイスを実現し、産業に活かす技術のことです。 ナノテクノロジーは素材、IT、バイオなど広範な産業の基盤に関わるものであり、21世紀の最重要の技術』と言う事だが、テキストでも言われているようにこのような技術が『資本の生産力』となり資本の利潤ために使われている所に今日の大きな問題がある」「テキストで『地球温暖化阻止をめざしての歴史的前進』とあるが、日本は世界の流れから立ち後れている」「日本二酸化炭素排出量は、2016年の時点で世界5番目で、その内訳を見ると、エネルギー転換が41%、産業が25%、運輸が17%、家庭は5%となっている。発電と鉄鋼業などで65%と大きな割合で、これを規制する事が必要だか、日本ではそのために政治の転換が求められているのではないか」「テキストの85ページのグローバリゼーションに関連して、日本でのグローバル化について資料では『日本は、自国の企業が海外移転し『グローバル化』して空洞化しただけでなく、米国企業がグローバル化するための要求を長年受け入れ続けて、自国経済を『属国化』し続け、二重のダメージを受けたのです。『グローバル化』とい名の生産の国外移転が資本主義そのものを大きく変質させ、歪め、揺るがせ始めました』と言う指摘がある。日本経済が長年成長できず、労働者の賃金が長年上がらず、格差が異常に拡大している背景に、このような事情があるのではないかと思う」などの意見が出ました。

◆次回は、8月14日(金)午後1時30分~3時30分。会場は、「アイセル21」第42集会室。内容は、第3章「20世紀末~21世紀初頭の資本主義」の世界の5と日本。持ち物は、「『資本論』を読むための年表」(学習の友社)

第9回『資本論』学習会開く 第3篇「絶対的剰余価値の生産」第6章「不変資本と可変資本」を学習する


7月9日(木)第9回『資本論』学習会を開き第3篇第6章を学習しました。

 討論では「364ページに『投機の法則』と言っているが、何のことか」「『価値革命にさいしては、加工されることのもっとも少ない形態にある原料に投機する』と言い人間の労働が加わっていない物の方が価値革命が大きくなると言っている」「資本を不変資本と可変資本に区分する事は、マルクス経済学の独創で、それは労働過程を価値増殖過程としても捉えた事、労働の二重性を発見した事などに関連し、貨幣の資本への転化の仕上げとも言えるのではないか」「359ページの『労働のこの無償の贈り物には気がつかない。労働過程の強力的中断すなわち恐慌は、彼にこのことを痛切に感じさせる』とあるが、どの様な事か」「その少し前に『価値を付け加えることによって価値を維持するということは、活動している労働力すなわち生きた労働の天性である。この天性は、労働者にはなんの費用もかからないが、資本家には価値の維持という多大な利益をもたらす』と書いてあり、労働者が労働力で生産手段を使い価値を創造する事は、同時に生産手段を使用する事は生産手段の価値を維持働きもしているを言っている」「労働の二面性からみた生産物の価値の移転と生産は分かりやすいが、この労働には事務仕事なども入っているのか」「経済的価値を生産する労働は、物的な生産物を作る労働である。しかし、その労働を周辺で直接支える労働、設計図を作成する労働、機械を整備する労働、工場の運営に必要な事務労働なとは価値を生産するとなる」など意見が出ました。

◆次回は、7月23日(木)午後6時30分より8時30分。会場は、「アイセル21」第42集会室。内容は、第7章「剰余価値率」。持ち物は、新版『資本論』第二分冊、又は新書版『資本論』第二分冊。

『経済』6月号「日本経済の現局面」と「破局の世界経済」を読み合わせ、意見交換する


6月16日(火)「現代経済学習会」を「アイセル21」で開き「[緊急企画]『新型コロナ危機』と日本経済」の二つの論文を読み合わせ、意見交換を行いました。

 討論では「『日本経済の現局面』で『現在の経済社会は疫病への対応力をほとんど持ち合わせていない』と『発達社会自体が人の移動を通じてコロナ肺炎を世界中に伝播させ』との指摘があるが、過去のパンデミックと比較して疑問がある」「大企業などではテレワークなどを活用してさらに人員の削減などをしてくるのではないか」「そのような恐れはあるが、これと闘う事が必要ではないか」「全国で行っている『命と暮らしを守るホットライン』でアンケートをしている。その中で60%の人が政府の対策を支持していない。支持しているのは10%と言う結果が出ている」「論文の中で『日本経済はアベノミクスによって、コロナ・ショック以前にすでに停滞していたという事である。このことは、仮にコロン肺炎が終息したとしても、日本経済が停滞から脱出することは困難である事を意味する』との指摘がある。コロナ危機は、日本経済の問題、矛盾を表に出したとも言える」「次回は『空洞化・属国化の克服と新たな資本主義の模索』を学習する。闘いはこれからだと言える」など意見が出ました。

◆次回は、日時7月21日(火)午後6時30分~8時30分。会場「アイセル21」第42集会室。内容「空洞化・属国化の克服と新たな資本主義の模索」。持ち物 『経済』誌 2020年7月号。

「日本と世界の近現代史」第14回学習会・夜の部開く「『戦後改革』へ」~「日本資本主義は『第三の歴史的変革期』に入っている」を学ぶ


第14回学習会・夜の部を6月12日に開きました。コロナ感染上から二ヶ月ぶりの学習会となりました。「『資本論』を読むための年表」の「『戦後改革』へ」~「日本資本主義は『第三の歴史的変革期』に入っている」についてを読み合わせ、意見交換を行いました。

 意見交換では、「テキストの『国民の闘いこそが、社会発展の基本動因』の中で新潟県の木崎村の小作争議をはじめ1930年代に小作争議が激化した事が紹介されている。この事は良く知らなかった。また、今日の学習部分全体から、国民の闘いが社会を発展されていく事、その事が日本の戦前と戦後の歴史的分析の中でハッキリと示されている事を改めて感じた」「テキストで『戦後史のなかでの沖縄』を読んで、自分はあまり沖縄の問題は知らなかったが、今日の学習の中で改めて沖縄問題に関心を持つようになった」「テキストの中で今『日本資本主義は第三の歴史的変革期に入っている』との指摘がある。このテキストは三年前の本だが、コロナ危機を迎えた日本と世界はまさに大きな社会変革を必要としている歴史的な時期ではないかと思う。その思いを多くの人が共有できると思う」「『日本資本主義の経済的矛盾は、幾重にも層をなして重なっている』として165年を4つの層に分けて矛盾を指摘している。歴史問題、安保問題、財政問題など様々な矛盾が紹介されている。このような見方を初めて知った」など意見が出ました。

◆次回は、日時、7月10日(金)午後6時30分~8時30分。会場「アイセル21」第42集会室。内容、第3章「20世紀~21世紀初頭の資本主義」の日本の部分。持ち物、「『資本論』を読むための年表」。

「日本と世界の近現代史」第14回学習会・昼の部開く「『戦後改革』へ」~「日本資本主義は『第三の歴史的変革期』に入っている」を学ぶ


コロナ感染上の問題から利用が中止されていた「アイセル21」が9日から利用が再開されました。そこで第14回学習会を二ヶ月ぶりとなる6月12日に開き「『資本論』を読むための年表」の「『戦後改革』へ」~「日本資本主義は『第三の歴史的変革期』に入っている」についてを読み合わせ、意見交換を行いました。

 討論では、「『農地改革』は行われたが、戦後保守支配を支える層ともなったが、この改革をどの様に見たら良いか」「テキストでは『戦前の小作争議から引き継がれた農民の要求と闘いがあったからこそ、アメリカ占領軍の指示による農地改革が、地主の抵抗をはねのけて、きわめて短期間に実行された』とある。日本の民主化すなわち近代的な資本主義を実現した改革だと思う」「仕事でに農村に入り、栄養指導として、パン食を勧める指導をした事がある。戦後日本の食料自給率は低下し続けている」「友寄さんの論文の中に『パンデミックのオーバーシュートを回避する最終的手段として、人と物資の移動を止め、都市や国境の閉鎖が行われる。そうした対応が長期化すると…とりわけ日本のように、食料自給率4割以下、エネルギー自給率1割以下という資本主義の場合は、長期的視点で再生産のあり方が改めて問われる』との指摘がある」「テキストで『日本が独立国としての地位を失い、アメリカへの事実上の従属国の立場になった』との指摘があるが、明治維新期の指導者は日本の植民地化を防ぐため懸命な努力をしたと思う。なぜ戦後の指導層は従属を受け入れたのか」「戦後改革で『農地改革』は最後まで行われたが、財閥解体、労働改革などは途中で打ち切りとなり、逆に日本共産党への弾圧などが始まる。背景には日本をアジア侵略の足場にするアメリカの思惑があり、この政策を進めるため侵略戦争を進めた戦争指導層を利用する事にした。戦争指導層は、そこに生き残りの道を見いだした」など意見が出ました。最後に今後の学習について意見効果をおこない、テキストは『増補改訂版・日本近現代史を読む』を使用する事を確認し、学習会の開き方については次回決める事にしました。

◆次回は、日時、7月10日(金)午後1時30分~3時30分。会場「アイセル21」第42集会室。内容、第3章「20世紀~21世紀初頭の資本主義」の日本の部分。持ち物、「『資本論』を読むための年表」。

第7回『資本論』第1巻学習会 第2篇「貨幣の資本への転化」第4章「貨幣の資本への転化」を学習する


4月9日(木)第7回『資本論』学習会を開き第2篇、第4章を学習しました。

 討論では「本文の中で『これが問題の条件である。ここがロドス島だ、ここで跳べ』と言っているが、何を言いたいのか」「『跳べ』と言う言葉から、質的な転換の事を言っていると思う。306ページに『貨殖の秘密がついに暴露されるに違いない』と言っている。この事を指しているのではないか」「イソップ寓話の中に、ロドス島で大跳躍をしたと言うホラ吹きがた。それではここで跳んで見ろと人々言った。という事を例に出し、貨幣の資本への転化を論証してみろと読者に言っている。のではないか」「297ページに『労働力も一つの価値をもっている。この価値はどのようにして規定されるのか?』とあり、それ以後、労働者本人と家族の生活に必要な物の価値、子供の養育費、労働力の育成費などが含まれると書いてあるが、この点から見ると今日日本の賃金は、本人の生活費ギリギリで家族が働かなくては生活出来ない賃金となっている。日本はこれからどの様になるのか大変心配している」「306ページに『ここで支配しているのは、自由、平等、所有、ベンサムだけである』とベンサムを取り上げているが何故か」「ベンサムは、功利主義の創設者と言われ、功利主義とは、幸福・快楽を道徳および立法の基本原理とする考え。ここでは、労働者も資本家も行動の原理は『両当事者のどちらにとっても、問題なのは自分のことだけである』と言う意味で使われ、これは資本家による労働者の搾取の現実を覆い隠す事になる」などの意見が出ました。

◆次回は、5月28日(木)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、第5章「労働過程と価値増殖過程」。持ち物は、新版、又は新書版『資本論』第2分冊。

第6回『資本論』第一部学習会 第1篇「商品と貨幣」第3章「貨幣または商品流通」を学習する


3月26日(木)「アイセル21」にて『資本論』学習会を開き第4章「貨幣または商品流通」を学習しました。

 討論では「173ページの度量単位と度量標準の事が書かれているが、この二つの関係を掴む事が大切ではないか」「175ページ『貨幣価値の上昇はそれに比例する商品の価格の低下を引きおこし、また、貨幣価値の低下はそれに比例する商品価格の上昇を引きおこすということには決してならない』とはどの様な事か」「その文書の少し前に『商品価格の運動にかんしては、一般に、すでに展開された簡単な相対的価値表現の諸法則があてはまる』とある。この諸法則は97ページの『相対的価値形態の量的規定性』の内容が参考になる」「208ページ『貨幣を流通させるためには、一定数の主要物品の価格が、一方の場合には上昇すれば、他方の場合には低下すれば、それで十分である』とは?」「マルクスは、『流通する貨幣の総量は…諸商品の価格変動の結果として増減するからである。そのためには、すべての商品の価格が同時に上がったり下がったりする必要はまったくない』と言っている。全ての商品ではなのではないか」など話合いました。

◆次回は、4月9日(木)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、第4章「貨幣の資本への転化」。持ち物は、『資本論』第1部(新版・新日本新書版の第2分冊)です。

第40回「現代経済学習会」『経済』3月号「日本の労働・雇用はどこまで変わったか」を学ぶ


3月17日(火)「現代経済学習会」を「アイセル21」で開き、「経済」3月号の「日本の労働・雇用はどこまで変わったか」を読み合わせ、意見交換を行いました。

 討論では「日本では『同一価値同一賃金』という事をスローガンに高い賃銀を引き下げる事をやっているが、ヨーロツパなどの賃銀事情は」「ヨーロツパでは産業別に賃銀が決められ、いわゆる普通に生活出来る賃銀で、教育費は無料、医療費は無料、安い公共住宅がある。日本の年功型の賃銀ではない」「インタビューでは、『普通に生活出来る賃銀』が必要と言われているが、生計費調査で出ている必要な賃銀は幾らか」「25歳単身で約25万円、30代夫婦子供一人~二人で35万円、40代で45万円、50代で60万円、70代夫婦で30万円という調査がある」「『若年の非正規比率は男女と1995年あたりから急上昇』、『賃金指数でみると、98年から大きな変化が始まり』と紹介されている。90年代後半世界と日本の資本主義が行きづまり労働者に対する搾取強化が急速強まり、大企業は本格的な多国籍企業となっていく時期でもある」「打開の方向として『ライフコースに合わせて生ずる『特別需要』に対するナショナルミニマム保証の組み合わせで暮らす』賃金+社会保障を作る事との提案がある。政治の転換が必要だ」など意見が出ました。

◆次回は、4月21日(火)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、「《座談会》地域経済の再生を考える」読み合わせ、意見交換。持ち物は、『経済』誌 2020年4月号。

「日本と世界の近現代史」第13回学習会・夜の部開く 第2章「日本資本主義発達史の165年を年表でみる」、日本資本主義発達史の年表をつくる。「戦前の日本資本主義」の特徴を学ぶ。


第13回学習会・夜の部を3月13日に開き「『資本論』を読むための年表」の第2章「日本資本主義発達史の165年を年表でみる」の日本資本主義発達史の年表をつくる、「戦前の日本資本主義」の特徴を読み合わせ、意見交換を行いました。

 意見交換では、「65ページの日本帝国主義の侵略戦争と植民地支配で、マルクスの本源的蓄積の部分を紹介しながら、日本について『戦前の日本資本主義の場合は、単に『本源的蓄積』の時代だけでなく、産業革命から産業資本の資本蓄積、独占資本への転化、帝国主義への発展の全期間にわたって、国内の勤労者・国民だけでなく近隣諸国民への『恥知らずな侵略と抑圧、搾取と収奪』の限りをつくして急膨張してきたのでした』との指摘に驚くと共に、日本の資本主義を戦前と戦後に分けて理解するのではなく165年を通じて理解するとの指摘から、今日の日本主義の国民に対する過酷な搾取強化歴史的背景を掴んだ気持ちだ」「日本の対外侵略は、明治維新直後から一貫して行われている。福沢諭吉も日清戦争を支持しており『脱亜論』を唱えていた。朝鮮への侵略とその後の併合について、日本の支配層は今日も真に反省しておらず、逆に韓国への憎悪をマスコミや教育を利用して振りまいている。今日の日本社会を理解するには、戦前と戦後を一体のものとして理解し解明する事が重要だと思う」「ドイツは過去の侵略への反省を今でも行っている。日本とは違うと思う」など意見が出ました。

◆次回は、4月10日(金)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、第2章2、敗戦から「戦後改革」へ~8、「日本資本主義は「第三の歴史的変革期」に入っている。まで。持ち物は、「『資本論』を読むための年表」です。

「日本と世界の近現代史」第13回学習会・昼の部開く 第2章「日本資本主義発達史の165年を年表でみる」、日本資本主義発達史の年表をつくる。「戦前の日本資本主義」の特徴を学ぶ。


第13回学習会を3月13日に開き第2章「日本資本主義発達史の165年を年表でみる」、日本資本主義発達史の年表をつくると一「戦前の日本資本主義」の特徴を学びの意見交換を行いました。

 討論では「テキストの『なぜ日本だけが国家的な独立を保ち、急速な資本主義化に成功したのか、という問題もあります』と言っているが、なぜ日本は植民地にならなかったのか」「欧米ではアジアなどの国を、国の統治機構が弱いお遅れた国と統治機構がある進んだ国の分けており、日本は進んだ国との認識から日本の植民地支配に消極的だったのではないか」「ペリーを日本に派遣したアメリカは、その後南北戦争があり、日本に対する侵略所ではなかったのではないか」「日本の資本主義化を進めていくのに必要な資金を外国から借りる事なしに、国内で調達した。それだけ日本は江戸末期から国内に一定のマニュファクチャなどの発達があり、資本の蓄積が一定進んでいたのではないか。そのため外国の経済的支配を受けることなく資本主義化を進めることが出来たのではないか」「野呂栄太郎の『日本資本主義発達史』では『資本主義的搾取の基礎たる、独立の生産者から生産手段および生活資料の引き離す過程』を明治維新は革命的に進めたとの指摘があるが、具体的には何があったか、年表Ⅱは1890年までを本源的蓄積が進行した時期としている」「年表Ⅱでは、69年に版籍奉還が行われ、同じ69年に土地私有公認があり、71年に田畑勝手作があり、72年に土地永代売買解禁行われた。これにより土地を与えられた農民は田畑を手にし自由に作物を作ることが出来るようになり、土地の売買もできるようになつた。しかし73年に地租改正により地価が決められ地価の3%地代として国に現金で納めなくてはならなくなり、やがて強制的に税金を徴収し、それが出来ない農民は借金をする。土地を売るなどで税金を納め、次第に土地を持たない小作農民が多くなり、88年には人口に対して47%を占めるようになり、1914年には、小作農民が人口に対して32%、労働者が30%を占めるようになった」など意見が出ました。

◆次回は、4月10日(金)午後1時30分~4時。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、第2章2、敗戦から「戦後改革」へ~8、「日本資本主義は「第三の歴史的変革期」に入っている。まで。持ち物は、「『資本論』を読むための年表」です。