第18回『資本論』学習会 第15章「労働力の価格と剰余価値との大きさの変動」と16章「剰余価値を表す種々の定式」を学習する


静岡市社会科学学習会は、11月26日(木)「アイセル21」にて『資本論』学習会を開き、第4篇の第15章と第16章を学習しました。

 討論では「第15章を学んで、資本家が何故労働時間を長くしたいのかその理由が良くわかった」「テキスト908ページに『労働力の価値運動』と『剰余価値の変動の限界』と言う言葉があるがどの様な意味か」「労働力の価値は労働生産性によって動く事を運動言い、剰余価値の大きさは労働力の価値によって限界づけられている事を言っているのではないか」「テキストの905ページに『第一に。与えられた大きさの労働日は、たとえ労働の生産性が、またそれとともに生産物総量が、したがってまた個々の商品の価格がどのように変動しようとも、つねに同じ価値生産物で表される』とあるが、どの様な事か」「新しい機械が導入されると、同じ労働時間であっても作られる商品の量は多くなります。商品の価値は、抽象的人間労働の大きさによって決まります。それは労働の継続時間によって計る事ができます。同じ労働時間ならば同じ大きさ価値が生産され、生産物の数が増えれば、1個あたりの商品の価値は小さくなります」「労働の強度とは何か」「テキスト911ページは、『労働の強度の増大は、同一時間内での労働支出の増加を意味する。だから、強度のより大きい労働日は、同じ時間数の強度のより小さい労働日よりも、より多くの生産物に体化される』と説明をしている」など話合いました。

◆次回は、2020年12月10日(木)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第42集会室。内容は、第17章「労働力の価値または価格の労賃への転化」、第18章「時間賃銀」。持ち物は、資本論第1巻(新版は第3分冊、新書版は第4分冊)

現代経済学習会 『経済』11月号掲載論文 「〈座談会〉日米経済関係の構造と特徴」を学習する


静岡市社会科学学習会は、11月17日(火)「現代経済学習会」を「アイセル21」で開き「座談会・日米経済関係の構造と特徴」を読み合わせ、意見交換を行いました。

 討論では「座談会で『日本の財界が、なぜ、一方的に、米国の変質した「株主資本主義の要求に唯々諾々としたがい、日本の政府を動かして米国企業の利益を代弁するような行為を取っているのか』と疑問が出されているがこの点をどう理解するか」「日本の大企業の経営者の中には、世界的に活動する米国多国籍企業の要求は、自らの企業の利益にもなると思い、それが経済世界での当たり前の要求と思っているのではないか」「座談会の中で日本の場合は特殊と言い、米国は協定の形を取らず、一方的な要求書の形で日本政府に突き付けていると言い、その背景に、単に巨大資本間の力関係によるものではなく、国家権力を通じて押しつけられてきたからではないでしょうか。日米の経済関係は、そこに大きな特徴があると言っている」「座談会で日本経済全体の米国への『属国化』があると言っているが、日本の対米従属との違いが分からない」「座談会は、この属国化は、敗戦後の米国の占領に始まった軍事的な従属体制と不可分であるが別もので、日本経済全体を米国経済の食い物にする『新属国化』と呼ぶべきもの」など意見が出ました。

◆次回は、12月15日(火)午後6時30分から8時30分。会場は、「アイセル21」第42集会室。内容は、「〈座談会〉日米経済関係の構造と特徴」の第3節と第4節。持ち物は、『経済』11月号。

第18回資本論学習会 第5篇、第14章「絶対的および相対的剰余価値」の報告を受け討議する


静岡市社会科学学習会は、11月12日(木)第18回『資本論』学習会を開き第5編「絶対的および相対的剰余価値の生産」の第14章を学習しました。

 討論では「生産的労働の概念が広げられ、また狭められていると言っているが、では『サービス労働は価値を生産しないが生産的労働である』と言う言い方は正しいのか」「今日資本論の研究者の中には、サービス労働は価値を生産していると主張する人もいる。生産的労働という概念が広がっていると言うのは、その通りだと思う」「マルクスの資本論の立場は、価値を創造する労働は、新たな物質的な財貨を生産する労働である。との立場ではないか」「サービス労働は、価値は生産しないが、資本家に儲けをもたらしてくれれば生産的労働と資本家は思う。資本論の中に『価値を引き寄せる』という言葉があり、商業労働や金融労働が、その例と言われている」「感想だが、マルクスは今から200前に資本論を書いた。しかも当時のイギリスの資本主義を分析した。しかしその内容は、今日の日本で生活している自分にとっても、良くわかる。私は労働の現場で機械の整備や設計の仕事をしていた。その仕事の位置づけなども書かれており、ここまで考えていたのかと驚いている」「9ページの資本論からの引用はどの様な意味か」「形式的包摂は、自営で働いていた人が資本家の指揮の下で働く事で、労働の方法は変わらない。だから包摂は形式的。だから自営に戻ることも出来る。しかし、機械制大工業の時代になると、労働の仕方も変わり、労働者はより深く資本家に包摂される、今日では資本家に雇用されなければ労働者は生活出来ない実質的包摂だ」などの意見が出ました。

◆次回 日時は、11月26日(木)午後6時30分から8時30分。会場は、「アイセル21」第42集会室。内容は、第15章「労働力の価格と剰余価値の大きさの変動」第16章「剰余価値率を表す種々の定式」。持ち物は、『資本論』第1巻、新版、新書版第3分冊。

「日本近現代史を読む」第3回学習会 第1章「開国-社会変動の序幕」を読み合わせ、意見交換をする。


静岡社会科学学習は、11月10日(火)「アイセル21」で「日本近現代史を読む」第3回学習会を開き、第1章「開国ー社会変動の序幕」の読み合わせと討論を行いました。

 討論では「テキストの13ページに『開国前後の世界とペリーの航路』の地図があるが、これを見ると日本へはノーフォークを出てケープタウンを経由し那覇から江戸湾に来ている。太平洋をわたって日本に来たと思っていた」「開国によって編入された国際秩序は、日本を『半未開国』とするもので、自らを『文明国』位置づけ、日本に強制した不平等条約も彼らにとっては当然と思っていたのではないか」「写真にある生麦事件は、島津久光の行列に乱入した騎馬のイギリス人たちを、供回りの藩士たちが殺傷した事件だが、その後薩摩藩とイギリスとの間で戦闘が起こった」「薩摩藩はイギリスとの戦争で武力の差を知り武力の整備に務めた。以前鹿児島に旅行した時に、島津久光の別邸の近くに反射炉があった」「テキストに『ええじゃないか』が紹介されているが、静岡でも1867年に浜松、磐田と波及し、9月以降金谷、島田、藤枝、駿府から東進して三島など東海道宿駅に広がった」「幕末の情報流通ー風説留と瓦版の所で当時の人々が『黒船』来航などの情報をいち早く知っていた事が書かれているが、島崎藤村の『夜明け前』の中でも木曾路でも黒船来航の情報が伝わり話題となった事が書かれている」「江川太郎左衛門英龍は、外国船が江戸湾に来るようになり、江戸湾の海防にも大きな関心を持った。その後伊豆韮山代官となり韮山の反射炉を建造を企画した」など意見が出されました。

◆次回は、12月8日(火)午後1時30分から3時30分。会場は、「アイセル21」第45集会室。内容は、第2章「明治維新-改革と近代化」。持ち物は、「増補改訂版 日本近現代史を読む」。

第16回『資本論』第一部学習会 第13章「機械と大工業」第5節~第10節を学習する


静岡市社会科学学習会は、10月23日(木)「アイセル21」にて『資本論』学習会を開き、第4篇第13節の第5節から第10節を学習しました。

 討論では「説明資料の中に『資本の文明化作用』という言葉があるが、どの様な意味か」「産業革命を経て資本主義の下で人類社会の進歩、生産力の発展、人権と民主主義の前進などが起こった。この事を言っているのではないか」「資本は自らの儲けのために技術革新を進め巨大な生産力を実現した。また先端技術で作られた機械を操作する知識と技術力を持った労働者を必要とした。この事は、資本の支配を終わらせる労働者階級の力を強め、また社会主義社会を建設する上で必要な物質的な土台を作っている。この事を言っている」「『マニュファクチュアと家内労働におよぼした工場制度の反作用』の所で今日でいえば完全下請けとなっている中小・零細企業の実体を取り上げているが、18世紀の英国と今日の日本の状況が全く同じで資本主義の下で社会の進歩などはないのではと思う」「機械制大工業による生産力の発展は、やがて産業循環を生み出したと書いてあるが、恐慌は資本主義固有な現象なのか」「周期的過剰生産恐慌は、1825年にで、それからほぼ10年周期で世界恐慌が起きている」などを話合いました。

◆次回は、11月12日(木)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第42集会室。内容は、第5篇「絶対的相対的剰余価値の生産」第14章「絶対的および相対的剰余価値」。持ち物は、新版、または新書版『資本論』第3分冊。

「日本近現代史を読む」第2回学習会 序章「近代までの流れ」、幕藩体制の政治構造、日本をめぐる国際関係、経済構造と社会変動、民衆の生活と文化、などを学ぶ。


静岡市社会科学学習会は、10月13日(火)「アイセル21」で「日本近現代史を読む」第2回学習会を行いました。

 討論では、「身分別の社会の所で、江戸時代に『支配身分としての武士と被支配身分としての百姓・町人の区別が確定された』との注があるが、この事を初めて知った」「江戸時代の身分で百姓の下にえた。非人(江戸時代には非人とよばれた人々で、居住地も制限されるなど、不当な差別を受けた。主に皮革業に従事し、犯罪者の逮捕や罪人の処刑などに使役された)などの身分があった」「このような人々を差別する事で、当時の身分社会の構造を人々に受け入れやすくする役割を果たしていたのではないか」「鎖国とキリスト教の所で檀家についいて『この檀家寺がキリスト教徒でないことを帳簿によって証明するという制度です』との指摘があるが、実際にはキリスト教徒も寺の檀家となり、キリストの信仰は捨てなかった」「コラムで近世民衆の教育要求と寺子屋の所で『文字の読み書き、基礎的な学力の取得、人格の形成を中心に、それぞれの子供に見合った学習カリキュラムが組まれていちようです』とあり、今の教育が学習指導要領に基づく学習内容になっている。江戸時代の学習方法の方が良かったのではないか」「『幕府はオランダ船と中国船にたいし外国の情報を長崎奉行に提出させていた』との記述があり、幕府は外国の情報を豊かに持っていた。江戸時代の日本は世界情勢には疎かったとの常識があるが事実違っていた事を学んだ」「『寺子屋への就学率が高まり、庶民の識字率も高かくなってきました』とあり江戸時代の学習水準の高さに驚いた」など意見が出されました。

◆次回は、11月10日(火)午後1時30分~3時30分。会場は、「アイセル21」研修室。内容は、第1章「開国-社会変動の序幕」。持ち物は、「増補改訂版 日本近現代史を読む」(新日本出版)

第15回『資本論』学習会 第13章「機械と大工業」第1節「機械の発展」~第4節「工場」を学習する


静岡市社会科学学習会は、10月8日(木)第15回『資本論』学習会を開き第13章の第1節から第4節を学習しました。

 討論では「本文で『手工業的またはマニュファクチュア的に生産される商品の価格と、機械の生産物としての同じ商品の価格との比較分析から、一般的には、機械の生産物の場合、労働手段に帰着する価値構成部分は相対的には増加するが絶対的には減少する』と書いてあるがどの様な事か」「マニュファクチュアでの商品生産と機械による商品生産を比較します。当然機械生産の方が、多くの商品が生産されます。そのため、商品の価値構成を見ると、マニュファクチュアで生産された商品は労働手段部分の価値構成は小さく、機械で生産された商品は労働手段部分の価値構成が大きくなります。しかし、労働手段価値の大きさを見るとマニュファクチュアでは大きく、機械の場合には小さくなります」「本文の『機械の生産性は、上述したように、機械から製品に移転される価値構成部分の大きさに反比例する』とは何のことか」「機械が機能する期間が長ければ、長いほど機械によって付け加えられる価値、それだけ多くの製品に配分されるが、個々の製品に付け加える価値部分はそれだけ小くなる事」「この章の表題にもなっている『大工場』とは何か、その定義は何か」「大工業を機械制大工業とも言う。労働者が手を使うことによって操作される道具や用具を使うのではなく、労働者が機械〔機械とは3つの本質的に異なる部分、原動機、伝動機構、道具機または作業機から成り立つ〕を体系的に利用する事による生産の様式の事ではないか」などの意見が出ました。

◆次回は、10月22日(木)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第42集会室。内容は、第13章「機械と大工業」第5節~第10節。持ち物は、『資本論』第1巻(新版、又は新書版『資本論』第三分冊)

『経済』9月号 「大企業の金融重視経営への転換とアベノミクス」(藤田宏)の読み合わせと意見交換する


静岡市社会科学学習会は、9月15日(火)「現代経済学習会」を「アイセル21」で開き「大企業の金融重視経営への転換とアベノミクス」を読み合わせ、意見交換を行いました。

 討論では「論文の中で『本業以外の財務・金融活動で生まれる金融収益重視の経営に本格的にシフトするようになった』と書かれているが、自ら進んで金融収益重視の経営を選んだのではなく、選ばざるをえなかったのではないか」「日本は世界で唯一経済成長できない国と言われているが、多国籍企業は業績を飛躍的に伸ばしている。利益を生み出すならば、金融重視経営も積極的に選ぶのではないか。日本経済が停滞してもかまわない」「以前は日本製品の技術力は世界の中でトップであったが、今では大きく後退しコロナワクチン製造、情報産業でも技術的に立ち後れている。それが金融重視の経営に拍車をかけているのでは」「日本のもの作り産業が大きく後退している原因は、アメリカからの圧力が原因ではないか。アメリカからの要求書、構造改革協議などを通じて『規制緩和』の名前で経済政策が変えられた。また、企業の長期的な成長を展望しての経営から、企業は株主の物の立場から当面の利益確保を優先する企業経営になった」「付加価値配分も営業純益への配分率が異常に増大している。逆に労働分配は低下している」など意見が出ました。

◆次回、日時は、10月17日(火)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第42集会室。内容は、「『現代貨幣理論』(MMT)は積極財政の根拠たりうるか」の読み合わせ討論。持ち物は、『経済』2020年10月号。

第17回「日本と世界の近現代史」学習会 第3章20世紀末~21世紀初頭の資本主義」世界の5、日本の章を学習する


 静岡市社会科学学習会は、第17回学習会・夜の部を9月11日に開き「『資本論』を読むための年表」の「第3章20世紀末~21世紀初頭の資本主義」世界の5、日本の章」を読み合わせ、意見交換を行いました。この学習会は、8月に計画していましたが諸事情で11日に行いました。

 意見交換では「テキストで『世界史的に見て、資本主義体制の客観的矛盾が深まっているにもかかわらず延命している理由を考えて見ると』として3点上げているが、その中に『変革主体の未形成ー理論・イデオロギー的な立ち遅れ』と言っているが、現在未来社会を切り拓く、社会主義社会をめざす勢力が見えなくなっている。この事が変革主体の未形成と言われる内容ではないか」「日本はあまりにも資本の論理むき出しになっている。ヨーロッパなどは労働者や市民に資本を規制する力がある。労働環境、社会福祉、環境問題、女性の社会への進出などで進んでいる」「日本でも以前は『小さな政府』の立場を取っていた主要野党が『新自由主義』の立場かからの転換があり、民主的な野党政権への展望も開かれつつあると思う。この力を強めていく事が『変革主体』形成に繋がるのでは」「変革主体をどの様に見るか、いろいろな見方があるがテキストの中では『変革主体の未形成ー理論・イデオロギー的な立ち遅れ』とある。この理論・イデオロギー的な立ち遅れでは、著者は別の所で『20世紀後半から21世紀へかけて急速に変貌をとげつつある現代資本主義の分析が不可欠です。世界的な『資本主義の危機』の深まりは、こうした理論的課題が急務となっていねことをあらためて示しています。『資本論』にもとづく現代資本主義の研究は、ますます時代の課題』と言っている。『資本論』の学習が必要になっている」「若い人は、8年間安倍政権の下で生活し、安倍政権以外の政治を知らない。この人たちに市民の要求を実現する政権の姿を具体的に示していく事が必要ではないか」「女性は、20世紀から21世紀にかけて変わってきていると思う。環境問題に積極的に取り組む若い女性、性犯罪に反対する若い女性の取り組みなど以前にはなかった運動が起きている」など意見が出ました。

第13回『資本論』学習会 第4篇、第10章「相対的剰余価値の概念」を学習する


静岡市社会科学学習会は、9月10日(木)第13回『資本論』学習会を開き第4篇「相対的剰余価値の生産」第10章「相対的剰余価値の概念」を学習しました。

 討論では「相対的剰余価値とは、必要労働時間を短くし剰余労働時間を長くし剰余価値を大きくする事ですね」「ここで大切な事は、労働者の賃金は労働力の価値通りに支払われる事で、資本主義が長く生き残るには、等価交換の法則を守ることが大事、現実には賃銀は非常に引き下げられているが」「559ページの『生活必需品をも、それらを生産するための生活諸手段をも提供しない生産諸部門においては、その生産力が増大しても労働力の価値には影響しない』とあるが具体的には」「例えば兵器を生産する部門の生産力が向上しても労働力の価値には影響しないのではないか」「562ページに『こうして彼は、相変わらず1個あたり1ペニーの特別剰余価値をたたき出す』とあるが、ペニーではなくペンスではないか」「新書版の『資本論』では、ここは一ペンスとなっていた。しかし、イギリスではペニーの複数形がペンスで、ペニーは単数形なので1の場合のみペニーを使う」「565ページに『そして商品を安くすることによって労働者そのものを安くするために、労働の生産力を増大させることは』とあるが、ここに何故『労働者そのもの』とあるのか、趣旨からすると『労働力を安くする』と書くべきではないか」「理論的には『労働力を安くする』でも良いと思うが、ここにはマルクスの資本家に対する怒りが込められているのではないか、労働者を金で買い苦しめている事への怒りがある」など意見が出ました。

◆次回は、9月24日(木)午後6時30分より8時30分。会場は、「アイセル21」第42集会室。内容は、第11章「協業」、第12章「分業とマニュファクチュア」です。持ち物は、『資本論』第1巻(新版、又は新書版の第3分冊)