現代経済学習会『経済』10月号「米中相互依存経済から『新冷戦』化へ(下)」読み合わせ、意見交換する


10月15日(火)「現代経済学習会」を「アイセル21」で開き「米中相互依存経済から『新冷戦』化へ」を読み合わせ、意見交換を行いました。

 討論では、「論文の中で5Gの事が出てくるが現状との違いは」「現在は4Gだが、通信速度は百倍以上速くなり、同時に接続する機器も増えます。また、遅延が少なくなりリアルタイムにデータを送受信できるようになり、自動車の自動運転、医療系技術などがさらに進化すると言われています」「現在の中国への政策は、オバマ政権第2期から始まり、その内容は『対中政策は対話と協議を基盤とした『関与』から、戦略的競争者へと切り替えられた』と紹介されている。トランプ政権だからの政策でなくアメリカ支配層の意思として考える事だと思う」「論文で『グローバル資本主義の既存勢力は、新台頭勢力を容易に受け入れる事が出来ない』21世紀の『中国巨大資本主義』参入は、既存秩序破壊者で恐怖されている。米多国籍企業への対決で経済問題から政治問題になっている」「論文を読んで『新冷戦』は、経済問題でなく中国との覇権争いの問題だと思う。米国はソ連を崩壊させた経験があり、中国共産党の支配を終わらせる事が目的ではないか。中国共産党も民主主義を認めないなど大きな矛盾を抱えている」など意見が出ました。

◆次回は、11月19日(火)午後6時30分より。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、「持続可能性の危機にある地域社会と展望」読み合わせ、討論。持ち物は、『経済』誌 2019年11月号。

第65回『資本論』学習会開く 第7篇、24章「いわゆる本源的蓄積」第3節と第4節を学習する


10月10日(木)第65回『資本論』学習会を開き、第24章第3節と第4節を読み合わせ、ポイント説明、討論を行ないました。

 討論では「『暴力的な土地収奪によって追われた人々は、それが生み出されたのと同じ速さでは、新たに起こりつつあるマニュファクチャに吸収されることはできなかった』として土地を奪われた人々が、文字通り血と暴力で労働者へと追いやられて行った事が具体的事実と書かれている」「『以前は貧民たちは高い労賃を要求して、産業と富とをおびやかした』との言葉を引用し、十四世紀は国家が法によって資本家が『法定賃金率でしぼりとる権利を雇い主に与えた』としているが、今日の日本でも最低賃銀では生活出来ない事がハッキリしている。しかし安倍政権は、千円、一千五百への最低賃銀の引き上げ要求を無視している。これはこの時代の政府と同じ事ではないか」「『十六世紀には一つの決定的に重要な契機がつけ加わった』として『当時は、借地契約が長期で…貴金属の価値、それゆえ貨幣の価値が引き続き低落したことが、借地農場経営者に黄金の果実をもたらした』と言っているが何のことか」「16世紀中頃から 17世紀初めにかけて,中南米からの銀の大量流入によってヨーロッパの貨幣価値が下落し,物価の著しい騰貴が起った事ではないか」など意見が出ました。

◆次回は、10月24日(木)午後6時30分より。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容、第24章「いわゆる本源的蓄積」第5節「工業への農業革命の反作用。産業資本のため国内市場の形成」、第6節「産業資本家の生成」。持ち物は、新日本新書版『資本論』第4分冊。

第64回『資本論』学習会 第24章「本源的蓄積」第2節「農村住民からの土地の収奪」を学習


9月26日(木)「アイセル21」にて『資本論』学習会を開き、第24章の第2節を読み合わせ、ポイント説明、意見交換を行ないました。

 討論では、「最後の『教会領の略奪、国有地の詐欺的譲渡、共同地の盗奪、横奪による』に始まる部分が結論的な事だと思うが、何処に書かれているのか」「教会領は1234ページに、国有地については1239ページに、共同地については1241ページに説明されている」「本文に『鳥のように自由なプロレタリアート』という言葉がある。この意味は何か」「同じく本文の中に『人間社会の拘束から放たれた、そのため法律の保護も奪われた』プロレタリアートという説明がある」「この節で1234ページの前までは何を言っているのか」「1321ページに『彼らは、このような人口を減らす共同地横奪と、それに続く人口を減らす牧場経営とに対抗する施策をとった』と書かれているので、15世紀は、国王と議会は本源的蓄積に反対する立場をとっていた事を書いているのでは」「最後の一文の中に『これらはいずれも本源的蓄積の牧歌的方法であった』と言っているがこの意味は何か」「資本家階級は本源的蓄積は牧歌的と言っている事に対して、皮肉を言っている」など話合いました。

◆次回は、10月10日(木)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、第24章「いわゆる本源的蓄積」第3節と第4節。持ち物は、『資本論』(新日本新書版・第4分冊)。

第34回現代経済学習会「生産性の低迷とは何を意味するのか-日本資本主義の長期停滞」読み合わせ、意見交換する


9月17日(火)「現代経済学習会」を「アイセル21」で開き「生産性の低迷とは何かを意味するのか」を読み合わせ、意見交換を行いました。

 討論では、「本文で『生産性が上昇した場合…労働投入量が一定である限り生産された価値の総額も変わらない。こりに対して、実質GDPのように基準年の価格を用いて表示する、労働投入量あたりの商品(使用価値)総量の増大として、したがって社会で生産される商品の総価格ないし剰余価値総額の増大として現れる』とは何か」「生産性が上昇しても、商品1個当たりの価値は変わらない。しかし、商品総量は増大するため社会全体では商品の価格(価値)は増える。また剰余価値は増大する。それは経済成長として現れる」「マルクスの引用で『協業によって展開される労働の社会的生産力が、資本の生産力として現れる』を用いて、資本の生産性を説明しているが、ここでマルクスの言っている事は、資本主義社会では、協業による生産力の上昇は資本のための生産力として現れる事を言っているのでは」「今日、生産性の停滞は、労働者に責任がある。そのため『働き方改革』が必要と言うが、この論文では、その原因は新たな投資をしない資本家にあり、そのために労働生産性が低下していると言っている」などの意見が出ました。

◆次回は、10月15日(火)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、「米中相互依存経済から『新冷戦』化へ」(下)の読み合わせと意見交換。持ち物は、『経済』9、10月号。注意、『経済』9月号の「米中相互依存経済から『新冷戦』化へ」(上)は読んで参加して下さい。

「日本と世界の近現代史」第8回学習会・夜の部開く 「『資本論』を読むための年表」の「はじめに」と「序章 資本主義発達史の年表を作成する」を学ぶ


第8回学習会・夜の部を13日に開き「『資本論』を読むための年表」の「はじめに」と「序章」を読み合わせ、意見交換を行いました。

 意見交換では、「15ページに『『大地(自然)』は、本源的に食料などを提供する一般的労働対象でもあり、総じて労働手段の本源的な武器庫でもあり』と書かれているが、この武器庫とは何か」「生産に必要な生産手段と労働対象は、そもそも自然と大地の中に存在しているという意味で武器庫のようだと言っているのではないか」「10ページに『その理論的な内部構造と経済法則を『いわばその理念的な内部構造において』分析し』とあるが、この理念的平均とは何か」「資本主義の経済的法則、内部構造の分析を行うときに、具体的な資本主義社会は経済法則だけで動いているのではなく、文化、思想、歴史、地理的条件など様々な要因で動き作られているから、これらの動きを捨象して経済の動きだけを対象にして分析する事を言っているのではないか」「11ページには『『資本論』は、試験管のなかで培養したような『純粋資本主義』モデルの抽象的で非歴史的な理論体系ではない』と言っているが、これとの関係は」「資本主義の理論的経済法則や内部構造を分析するには、社会の経済運動以外の要素は捨象する必要があるが、同時にその経済法則が正しいのかは、現実の社会の歴史によって検証、補強する必要があり、そのため、『資本論』の中にも様々な歴史的考察が入っている」など意見が出ました。

◆次回は、10月11日(金)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、第1章「世界の資本主義の生成と発展の歴史」1~6。持ち物は、「『資本論』を読むための年表」です。

「日本と世界の近現代史」第8回学習会・昼の部開く 「『資本論』を読むための年表」の「はじめに」と「序章 資本主義発達史の年表を作成する」を学ぶ


第8回学習会を9月13日に開き「『資本論』を読むための年表」の「はじめに」と「序章」を読み合わせ、意見交換を行いました。

 討論では、「本文の中で出てくる範疇の意味は」「同一性質のものが属すべき部類。分類・認識などを支える、根本的な枠組。カテゴリーの事ではないか」「マルクスが『資本論』書いたのは何時か、その時資本主義がどの程度発展していたのか」「『資本論』が出版されたのは1867年です。ヨーロッパでは16世紀頃からマニュファクチャー起こり18世紀の半ばから産業革命が始まり、資本主義社会は発展します。この頃の経済学はスミスなどに代表される古典派経済学で、資本主義が人類に明るい未来を約束するとを言います。しかし、労働者は激しく搾取されます。フランスのリヨンで労働者が争議を起こし、労働者階級の闘いが始まります。マルクスは、資本主義はやがて社会主義へと発展して行く事を明らかにします。資本主義は、20世紀を経て21世紀の現在、生産力は巨大になましたが、人々の格差は拡大、地球環境問題など矛楯は激しくなり、世界各地で変革の運動が起こっています」「三大経済範疇、三大階級とは何を指しているのか」「資本主義社会の三大階級は、土地を所有している地主階級、生産手段を所有している資本家階級、労働力を持っている労働者階級を指しています。この三大階級は地主は生産に必要な土地を提供し、資本家は生産手段を提供し、労働者は労働力を提供して資本主義社会の富を生産している基本的な階級となり、生産された富は、地主へ地代として、資本家へは利潤として、労働者には賃金として分配され。これが三大経済範疇ではないかと思う」「前半で日本の近現代史を学習したが、改めて友寄さんが作成した年表を見ると、経済的土台である資本、土地所有、賃労働、経済的矛楯の上に、上部構造として、戦争・外交・政治、階級闘争、思想・文化、世界の動きがあり、土台と上部構造を縦線で動きが一瞥でき、相互の関係を知ることが出来る」など意見が出ました。

◆次回は、10月11日(金)午後1時30分~4時。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、第1章「世界の資本主義の生成と発展の歴史」1~6。持ち物は、「『資本論』を読むための年表」です。

『資本論』学習会 第24章「いわゆる本源的蓄積」第1節「本源的蓄積の秘密」と「明治維新以降の本源的蓄積」を学習する


9月12日(木)第63回『資本論』学習会を開き、第24章第1節を読み合わせ、ポイント説明、討論を行ないました。

 討論では「本文に『前者は富を蓄積し、後者は結局自分自身の皮以外には売れるものをなにも持っていないということににった』とは具体的には」「前者とは資本家の事で、後者とは労働者の事を言っている。資本家は『聡明で、とりわけ倹約な選ばれた人々』で労働者は『怠惰で、自分のものをすべてを、またそれ以上を消費し尽くす浮浪者たち』の事を指している。つまり現在の資本家と労働者の格差は、自己の努力の結果であると言う事ではないか」「本文で同職組合が出てくるが具体的には」「13世紀ごろから都市の商人ギルドの中から、生産者である手工業者の親方たちが分離して、職種ごとに団体(組合)を結成し、職種ごとに原料の確保、技術の共有、販路の確保、価格の協定、技術水準の維持、などを通じて結束を強め、営業権の確保を共同で進めた」「日本での本源的蓄積の要点は何か」「日本では、明治維新以後『富国強兵』政策として、明治政府が財政を使い官営工場などを起こし、民間に払い下げ資本家の側に資金と生産手段を集め、国家財政を作るため地租改正し現物経済から貨幣経済への転換などで土地から切り離された人を作り出した」など意見が出ました。

◆次回は、9月26日(木)午後6時30分より8時30分。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、第24章、第2節「農村住民からの土地の収奪」。持ち物は、新日本新書版『資本論』第4分冊。

第62回『資本論』学習会 第23章第5節「資本主義的蓄積の一般法則の例証」f アイルランドを学習する


8月22日(木)「アイセル21」にて『資本論』学習会を開き、第5節のf「アイルランド」を読み合わせ、討論を行ないました。

 討論では、「23章の冒頭で『本章では、資本の増大が労働者階級の運命におよぼす影響を取り扱う』として、5節ではその例証となっているか、最後にアイルランドを取り開けているのは何故」「アイルランドは、イギリスによっていじめられ、その貧困の度合いはイギリス以上でした。そのためイングランドに渡り、そこで最下層の低賃金労働者となり働きイギリスの産業を底辺でささ、自らは激しく搾取された。この問題をマルクスは、節の最後に取り上げたのはさすがだと思う」「アイルランドの労働者は貧困に苦しみ酷い生活をしているのに、地主、借地農場経営者、産業資本家は、『表ーD』を見ると、巨額の所得を得ている事が分かる。特に地主は、大きな所得を得てしかもその額は増えている」「この部分を読むと、今日の日本の外国人労働者の問題と重なる部分がある。それは日本の低賃金を支える役割をしてい部分もあるが、日本の労働運動の前進を担う事も期待できる。それは、アイルランド人労働者がイギリスの労働運動で大きな役割を果たしたように」など話合いました。

◆次回-日時は、9月12日(木) 午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第12集会室、内容は、第24章「いわゆる本源的蓄積」第1節「本源的蓄積の秘密」。持ち物は、『資本論』(新日本新書版・第4分冊)

現代経済学習会 「経済」8月号「武力によらない安全保障は可能だ-東アジア情勢と日本の対応」を学習


8月20日(火)「現代経済学習会」を「アイセル21」で開き「武力によらない安全保障は可能だ」を読み合わせ、意見交換を行いました。

 討論では「論文の中で中国と台湾の問題が扱われていないのは何故か」「問題の平和的な解決は必要だが、国と国との問題ではないからでは」「米朝ハノイ会談が失敗した原因として、『アメリカがそれまで容認していた段階的に進む方式を『ビック・ディール方式』に変更した事が言われているが、それは何故か」「アメリカの政策が一貫していない事が上げられるのではないか。トランプ大統領も『スモール・デイールが起こりうる』との発現も紹介されているので、戦争ではなく話し合いで朝鮮半島の非核化を進める事が重要だと思う」「安倍政権を倒し『野党連合政権』を作る事が、憲法9条の精神を生かした日本の安全保障政策を進めていくためにも必要だと思うが、政策的な合意は可能だろうか」「北朝鮮との問題では、日本と北朝鮮との正式な合意である『平壌宣言』の実行や『六カ国協議』の再開などを上げる事ができるのではないか」「憲法九条を生かした安全保障政策を実現する。そのため共産党の提言している『北東アジア平和協力構想』の実現が必要だと思う、合わせて日本の侵略戦争の真の反省が必要だと思う」などの意見が出ました。

◆次回は、9月17日(火)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、「生産性の低迷とは何を意味するのか」読み合わせと討論。持ち物は、『経済』誌2019年9月号。

「日本と世界の近現代史」第7回学習会・夜の部開く 「東北アジアと日本-戦前の帝国主義支配が遺したもの」を学習する


第7回学習会・夜の部を9日に開き「東北アジアと日本―戦前の帝国主義支配が遺したもの」を読み合わせ、意見交換を行いました。

 意見交換では、「今日学習した『戦前の帝国主義支配が遺したもの』で指摘されている韓国、北朝鮮、中国、沖縄は、今問題となっている韓国との徴用工問題、北朝鮮との国交問題をはじめとした様々な問題、中国との関係、沖縄での辺野古への米軍基地建設問題など、全ての問題の背景に安倍政権をはじめとする戦前の日本の侵略戦争を肯定する勢力、それは同時にアメリカへの追随勢力の問題があると思う。日本では本当の意味で戦前の侵略が反省されておらず、それが今日の外交問題に大きな影を落としている」「今日の日本と韓国との問題は、歴史認識に根ざした問題であり、この問題を根本的に解決するためには、安倍政権を倒し、歴史問題に正面から向き合う政権を作らなければ真の解決はないと思う」「韓国との問題は、安倍内閣の強みではなく、国際社会と真面に向き合う事ができない安倍内閣の弱点とも矛盾となり、安倍政権を追い詰めていく事になるのではないか」「本文で『中国の社会主義工業化は、中国経済社会の伝統的地域分権構造に基づく地域自給・産業ワンセット主義思考』という指摘があるが、どのような事か、中国では『可能なかぎり食糧と鉄鋼を軸としたワンセット産業基盤をもつ自立的な地域経済の形成を望ましいモデルと見なしてきた』と言う事ではないか」など意見が出ました。

◆次回は、日時9月13日(金)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、「はじめに」と序章「資本主義発達史の年表を作成する」。持ち物は、「『資本論』を読むための年表」(友寄英隆)です。