第2回「多国籍企業と日本経済」学習会 第1部「多国籍企業の展開をどう見るか」の読み合わせと意見交換


静岡市社会科学学習会は、6月15日(火)「多国籍企業と日本経済」学習会を「アイセル21」で開きました。テキストの第1部「多国籍企業の展開をどう見るか」、報告1「多国籍企業の変化の特徴について」、報告2「デジタル多国企業の経済的覇権」を読み合わせ、意見交換を行いました。

意見交換では「テキストの20ページに『資本の支配に対抗して、世界的な資本に対する様々な規制をどう行うかが、一国的にも世界的にも非常に重要』と書いてある。」「最近の報道では、G7で各国共通の法人税は最低税率15%以上で合意とある。これなども規制の一つではないか」「デジタル多国籍企業への課税で、有形固定資産が少ないので課税が困難とあるが、利益があれば課税は出来るのではないか」「多国籍企業に進出された国では、例えばAppleとしては、建物も資産も無いので課税は、現在の法律では困難と言う事ではないか」「Facebookを利用する時に何も消費をしていない。しかしFacebookに広告を出す企業からの広告料が収入源だと思う。課税の問題で言えば、これに課税出来るのではないか」「Googleなどの検索システムもソフトとしては出来上がっている。その検索に連動している広告が収入源となっている」「企業の経済活動で重要なのが情報、消費者が何を買いたいのか、その情報を掴み、その人の向けに広告を出す。この情報源が、インターネットを使っての検索や投稿を通して把握されていく。それが膨大な量と質を持つと、市場を独占する力を持つようになる」「将来5Gが本格的に実用化されれば、トヨタは自動運転システムを運営する企業の子会社になってしまうのではないか。その自動運転システムに入らなければ、トヨタの自動車が売れない時がやってくる」など意見が出ました。

◆次回は、日時は、7月20日(火) 午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第42集会室。内容は、「第一部 多国籍企業の展開をどう見るか」報告3、報告4。持ち物「多国籍企業・グローバル企業と日本経済」です。

2021年『資本論』第2巻学習会が始まりました。第1回は、序言を学習しました


静岡市社会科学学習は、6月10日(木)から『資本論』第2巻学習会を始めました。第1回は、学習会の進め方、自己紹介、序言の学習を行いました。

自己紹介では、「退職後『資本論』を第1巻から学習したと思った所、第1巻学習会の紹介があり参加してきた。今回の第2巻学習会も学習し、第3巻まで学びたい」「4月に退職をした。資本論は若い頃学んだ。第2巻からの参加だかこれから学んでいきたい」「数年前に開かれた『資本論全三部を読む』の学習会から参加した。その後、近現代史、『資本論』第1巻の学習にも参加した。今回も第2巻の学習をしていきたい」など自己紹介がありました。
意見交換では「不破さんが恐慌論で飛躍があったとする草稿は、『1867年以降、すぐに第2部に着手します。「第二部用に、二つ折り判の草稿を四つ集めたものがあり、マルクス自身によって第一から第四までの番号がつけられている」それが、第1稿とか第2稿とか3稿、4稿という名前で呼ばれている』と書かれているこの第2稿の事ではないか」「マルクスは、64年から65年にかけて資本論全3部用の草稿を書いている。この中の第2巻用の草稿、すなわち第1草稿の事ではないか」「理論の学習だが、現実に起こっている事柄なども取り入れて、分かりやすい学習会にしてほしい」「最後にある『市場における商品と貨幣との商品流通。この流通では単純な商品流通と資本循環GーW‥P‥W`ーG`とが絡みあい』と言っているが、ここの理解を今後の学習で進めて行きたい」などの意見が出ました。

◆次回は、日時、6月24日(木)午後6時30分~8時30分。会場、「アイセル21」第42集会室。内容、第1篇、第1章「貨幣資本の循環」第1節、第2節。持ち物、新版&新書版『資本論』第5分冊。

「日本近現代史を読む」第10回学習会 第8章「第一次世界大戦とロシア革命」を読み合わせ、意見交換する


静岡市社会科学学習会は、6月8日(火)「アイセル21」で「日本近現代史を読む」第10回学習会を開き、第8章「第一次世界大戦とロシア革命」の読み合わせ、意見交換を行いました。

 意見交換では「第一次世界大戦は何故起きたのか」「基本的な性格は、列強の領土・植民地・勢力圏をめぐって起こった帝国主義の戦争という性格を持っている。しかしこの戦争が現代に通じる大きな変化を世界にもたらした」「それはヨーロッパとロシアにあった4つの帝国が消滅した事、社会主義ソ連の出現、民族独立の動きを強め、国際連合による集団的安全保障への動きなど」「ロシアの二月と10月革命は、国民の戦争反対、土地を農民への要求から出発した革命であった」「第一次世界大戦は、日露戦争の結果引き起こされた戦争とも言える。ロシアの地位が低下し、それまでの英・露仏・独の三極対立の時代から英・独の2極対立の時代を作り出し、その結果ヨーロバでの戦争の危機を高めた」「テキストの中に『日本は、日英同盟により連合国側として参戦し、地中海に巡洋艦と駆逐艦を派遣した』とあるが、この事は初めて知った」「テキストの81ページに『ところが、列強の中で日本は、こうした帝国主義本国と植民地・勢力圏でのナショナリズムとの関係の新しい動きを捉えきれず、第一次世界大戦中から戦後にかけても『対華21カ条の要求』、山東出兵、満州の軍事支配という路線を変えず、次第に欧米列強との対立を強めていくことになります』との指摘がある。その後、第二次世界大戦へと突き進む日本の動きを見る上で重要な指摘だと思う」など意見が出されました。

◆次回は、日時は、7月13日(火)午後1時30分~3時30分。会場は、「アイセル21」第42集会室。内容は、 第9章「ワシントン体制と大正デモクラシー」。持ち物は、「増補改訂版 日本近現代史を読む」です。

第1回「多国籍企業と日本経済」学習会 自己紹介と「はじめに」を読み合わせ、意見交換する


静岡市社会科学学習会は、5月18日(火)第1回目の「多国籍企業と日本経済学習会」を「アイセル21」で開きました。学習会の進め方の確認、自己紹介を行い、「はじめに」を読み合わせ、意見交換を行いました。 

意見交換では「テキストでは、GAFHとフアーウェイの経済的覇権争が書かれているが、最近では、アメリカは中国の人権問題で軍事的なオプションも語られているが、一方では地球温暖化問題では中国と協力関係にある。日本は、安保法制の具体化として軍事的なオプションを担当させられている。日本の中で人権問題もあり中国が嫌いという人が増えている」「日本経済は中国に依存している面がある。例えばユニクロなども多くが中国の工場で作られている。しかし日本人はユニクロ製品購入している」「最近国会で『デジタル関連法』が成立したが、国家か個人の情報を管理し、統治に利用すると同時に企業に提供し企業の営利活動にも利用される事が危惧されるが、中国では個人の情報が国に管理される面が強く、個人のプライバシーが侵されている」「日本でも例えばアマゾンなどで本を買うと、その人が興味がありそうな本の紹介がパソコンの画面に出てくる。企業の儲けのために行っているが、しかし、その人の考えている事、興味のある事が把握されてしまう。この情報を国家が利用すれば、その人の思想状況が把握される危険もある」などの意見が出ました。

◆次回は、日時、6月15日(火)午後6時30分~8時30分。会場、「アイセル21」第42集会室。内容は、報告1「多国籍企業の変化の特徴について」報告2「デジタル多国籍 企業の経済的覇権」読み合わせ、討論。持ち物は、 「多国籍企業・グローバル企業と日本経済」

「日本近現代史を読む」第8回学習会 第6章「植民地支配の始まり」読み合わせ、意見交換する


 静岡市社会科学学習会は、4月13日(火)「アイセル21」で「日本近現代史を読む」第8回学習会を行いました。意見交換では、「台湾征服戦争とあるが、日清戦争の結果、日本は台湾を手に入れたが、台湾に住んでいた人々は、反対し日本軍と戦った」「日本の台湾への支配は、朝鮮に対する支配と比較すると穏やかだと聞いているが」「『植民地支配への評価は台湾と朝鮮では違うのか』の所で、共に支配は厳しかったが、ナショナリズムの段階が大きく異なっていたと書かれている」「『植民地領有が日本人に与えた影響』の所で、多くの日本人に大国主義イデオロギーを持たせ、中国人蔑視・排外主義的傾向が日本社会に浸透したと書かれているが、今日でもテレビなどでは中国や韓国を非難する事が行われている」「日本は日清戦争で勝って、北京に軍の司令部を置く事ができたが何故か」「義和団事件の時に、日本を含む8カ国が中国に軍隊を派遣したが、日本以外の国は事件が解決すると軍隊を引き上げだか、日本の軍隊は引き上げなかった。それは日本が日清戦争で中国に勝ったと言うことで強行した」「61ページにある東清鉄道を日本がロシアから買い取る。軍事的にも意味のある。朝鮮戦争の時、日本国内では国鉄の組合がストライキで列車がストップしたら戦争の遂行に影響が出るので、国鉄の組合に対して謀略攻撃がありストライキなどが出来ないようにした」「朝鮮戦争の結果、38度線で分断されるが、元々38度線は日本軍が北は関東軍が管轄し、南は広島に司令部を置く軍が管轄していた。この分断には日本にも責任の一部がある」など意見が出されました。

◆次回は、5月11日(火)午後1時30分~3時30分。会場 「アイセル21」第42集会室。内容は、「第7章 産業の発達と社会の変動」の学習。持ち物は、「増補改訂版 日本近現代史を読む」です。

「日本近現代史を読む」第7回学習会 第5章「日露戦争」を学習する。


 静岡市社会科学学習会は、3月9日(火)「アイセル21」で「日本近現代史を読む」第7回学習会を開き、第5章「日露戦争」の読み合わせと意見交換を行いました。

 意見交換では「日清戦争で勝利した日本は、講和条約で遼東半島を手に入れたが、三国干渉で清国に返した。これが『臥薪嘗胆』を合い言葉にして日露戦争を準備していく事になった」「日清戦争賠償金の75%以上は、軍事費に使われ、これが日露戦争を戦う海軍、陸軍を支えた」「日露戦争は、日英同盟によるイギリスの軍事情報、軍事費の協力で日本は勝利する事ができた。一般的なイメージとして、ある日本は大国ロシアに挑み勝利した。という事ではない」「日比谷焼き討ち事件は、初めて戒厳令が出された事件だった。当時の憲法には非常事態条項があり、これに基づいて出された。関東大震災の時は、戒厳令の下で、多くの朝鮮の人々や共産主義者が虐殺された。日本国憲法には非常事態条項がなく、戒厳令を出すことは出来ない。日本国憲法に非常事態条項を書き込む動きもある。その狙いのを考える時に、このような歴史を確りと見ていく事が必要がある」「テキストの55ページ『この技法そのものは、現代人の目ではなく、歴史上の人物の目と感性(と司馬が感じているもの)だけでその当時の歴史を見ようとする同時代的な歴史的把握であり、その当時の人物には見えなかったことはそのまま見過ごしてしまうという大きな限界をもっています』とある。歴史を学ぶ意義は、当時の人々には何がみえていなかつたを探る事にあるのではないか」など意見が出されました。

◆次回は、4月13日(火)午後1時30分から3時30分。会場は、「アイセル21」第42集会室。内容は、第6章「植民地支配の始まり」。持ち物は、「増補改訂版 日本近現代史を読む」。

第24回資本論学習会 第24章「いわゆる本源的蓄積」と第25章「近代的植民理論」を学習する


静岡市社会科学学習会は、2月25日(木)「アイセル21」にて『資本論』学習会を開き、第24章と第25章を学習しました。

 討論では「『資本論』の1247ページに『彼らは、ローマの非解放民がかって自分の保護者の主人になるために用いた下劣な手段で成り上がった』と書かれているが、具体的にどのような事があったのか」「『資本論』の中では具体的な事は書かれていない。思うにローマの権力闘争は、騙し、暗殺などが行われた。この事を念頭に書いたのではないか」「今日学習した所は、史的唯物論の社会発展の法則を、歴史的事実に即し、封建制から資本主義への発展を実証する。科学的に解明した箇所であり、また資本主義から社会主義へ発展する必然性が第7節で書かれている」 1年間続けてきた学習会は、今回で終了します。参加者からは、「1年間学習会に参加して『資本論』に対する見方が変わった。引き続き学習したい。また、19世紀のイギリスでよくぞここまで調べ上げ書いたものだと感心した」「第1巻はマルクスが出版したが、2巻と3巻はマルクスの草稿をエンゲルスがまとめ上げ編集をして出版している。『資本論』の全体をまとまった著作として読めるのはエンゲルスの努力があったからと思う」などを話し合いました。

◆6月10日から『資本論』第2巻学習会が始まります。 参加を希望する人などはご連絡ください。

第48回・現代経済学習会 『経済』2月号の「《座談会》『楽天市場』の実態と法規制の課題」を学習


静岡市社会科学学習会は、2月16日(火)「現代経済学習会」を「アイセル21」で開き、『経済』の読み合わせと意見交換を行いました。

 討論では「『楽天市場』で『送料無料ライン』が強制的に導入され、しかも3980円以上の場合となれば、小規模の業者は当然商品の価格を上げざるをえない。これは消費者にとっても問題である」「友人で農業をしている人が、ネット販売を始めたら売り上げが数十倍となり、今ではネット販売中心となつている。ネットの影響力は大きい」「『楽天のような、デジタル・プラットフォームと個人事業者との関係を規制する法律はなかつた』とあり、昨年法律は出来たが、まだ不十分だと思う」「ネットを活用しての経済活動は、先端的で参加者は平等だと思っていたが、楽天市場の実態を見ると、大企業が中小企業を支配している実経済の実態と同じで驚いた」「政府は、デジタル・プラットフォームでの経済活動を成長戦略として重視しているが、まずは法律の整備が求められていると思う」などの意見が出ました。『経済』を使用した学習会は、今回で終了となります。5月から新しい学習会を始めます。

第23回『資本論』学習会 第7篇「資本の蓄積過程」第23章「資本主義的蓄積の一般法則」を学習する


静岡市社会科学学習会は、2月11日(木)第23回『資本論』学習会を開き第17章「資本主義的蓄積の一般法則」を学習しました。

 討論では「この章は、資本の増大が労働者階級の運命におよぼす影響について書かれ、この章で解明され、資本主義的蓄積の絶対的・一般的な法則がとして提起され、それが労働者階級へは『資本の蓄積に照応する貧困の蓄積を条件づける。したかって、い一方の極における富の蓄積は、同時に、その対局における、すなわち自分自身の生産物を資本として生産する階級の側における、貧困、労働苦、奴隷状態、無知、野蛮化、および道徳的堕落の蓄積である』と解明されている」「今日日本では、非正規労働者が4割を占めているが、この人たちは資本論の言う産業予備軍に入るのか」「第7章の第4節では、『相対的過剰人口の第三のカテゴリーである停滞的過剰人口は、現役労働者軍の一部をなすが、しかしまったく不規則な就業のもとにある。こうして、この人口は、資本に、自由に使用することできる労働力の尽きることのない貯水池を提供する』と言っている。日本の労働法では、失業者には入らないが、本来は産業予備軍に入る」「そもそも資本論で言う産業予備軍とは何を指しているのか」「産業予備軍と言うので、実際に労働をしていない労働者の事を指すのではないか」「1105ページに『近代的産業の全運動は、労働者人口の一部の、失業者または半失業者への不断の転化から生じる』と書いている。これは全く仕事をしていない人だけが失業者ではないと言っている。非正規労働者も産業予備軍に入る。」「第4節の『相対的過剰人口のさまざまな存在形態。……』の中で具体的に分析されている」などの意見が出ました。

◆次回は、2月25日(木曜)午後6時30分から8時30分。会場は、「アイセル21」第42集会室。内容は、第24章「いわゆる本源的蓄積」第25章「近代的植民理論」。持ち物は、新版または新書版『資本論』第四分冊。

「日本近現代史を読む」第5回学習会 第4章「日清戦争-国際関係の変動」を学習する。


 静岡市社会科学学習会は、2月9日(火)「アイセル21」で「日本近現代史を読む」第5回学習会を開き、第4章「日清戦争ー国際関係の変動」の読み合わせと意見交換を行いました。

 意見交換では「自由民権運動の中で、作られた憲法草案は、現在の憲法に引けを取らない民主的な内容だった。しかし大日本帝国憲法の内容はひどく、その原因は『憲法制定への道のりは、国民の憲法論議を保障するどころか、逆に抑えるものだった』という事だと思う」「伊藤博文は、憲法を議論する枢密院で『我が国に在に機軸とすべきは独り皇室あるのみ』と言っている。これは、国民を支配していくため皇室を利用し、天皇を神とし、国民に崇拝させる道を選んだことになる」「内村鑑三はキリスト教徒なのに日清戦争には賛成している」「日露戦争の時には反対をしたが、日清戦争には賛成をしている。それは朝鮮は日本の利益線、日本の防衛のためには朝鮮半島の軍事的確保が必要と、自由民権運動の参加者も多くの人が日清戦争に賛成している」「国学など朝鮮や中国をさげすむ思想があったが、日清戦争を通じて、この感情が広がり、社会に根をはっていくことになる。当時の知識人である福沢諭吉も『日清の戦いは文明と野蛮の戦い』と言っている」「三国干渉で日本は遼東半島を清国に返した。三国干渉は国民の中に屈辱感を植えつけ『がしんようたん』、復讐するために労苦にたえる、の合い言葉で次の戦争の準備へと駆り立てられたとあるが、これが日露戦争へとなつた。日清戦争が日本を戦争突き進むきっかけとなった」など意見が出されました。

◆次回は、3月9日(火)午後1時30分から3時30分。会場は、「アイセル21」第42集会室。内容は、第5章「日露戦争」。持ち物は、「増補改訂版 日本近現代史を読む」。