「日本と世界の近現代史」第7回学習会・夜の部開く 「東北アジアと日本-戦前の帝国主義支配が遺したもの」を学習する


第7回学習会・夜の部を9日に開き「東北アジアと日本―戦前の帝国主義支配が遺したもの」を読み合わせ、意見交換を行いました。

 意見交換では、「今日学習した『戦前の帝国主義支配が遺したもの』で指摘されている韓国、北朝鮮、中国、沖縄は、今問題となっている韓国との徴用工問題、北朝鮮との国交問題をはじめとした様々な問題、中国との関係、沖縄での辺野古への米軍基地建設問題など、全ての問題の背景に安倍政権をはじめとする戦前の日本の侵略戦争を肯定する勢力、それは同時にアメリカへの追随勢力の問題があると思う。日本では本当の意味で戦前の侵略が反省されておらず、それが今日の外交問題に大きな影を落としている」「今日の日本と韓国との問題は、歴史認識に根ざした問題であり、この問題を根本的に解決するためには、安倍政権を倒し、歴史問題に正面から向き合う政権を作らなければ真の解決はないと思う」「韓国との問題は、安倍内閣の強みではなく、国際社会と真面に向き合う事ができない安倍内閣の弱点とも矛盾となり、安倍政権を追い詰めていく事になるのではないか」「本文で『中国の社会主義工業化は、中国経済社会の伝統的地域分権構造に基づく地域自給・産業ワンセット主義思考』という指摘があるが、どのような事か、中国では『可能なかぎり食糧と鉄鋼を軸としたワンセット産業基盤をもつ自立的な地域経済の形成を望ましいモデルと見なしてきた』と言う事ではないか」など意見が出ました。

◆次回は、日時9月13日(金)午後6時30分~8時30分。会場は、「アイセル21」第12集会室。内容は、「はじめに」と序章「資本主義発達史の年表を作成する」。持ち物は、「『資本論』を読むための年表」(友寄英隆)です。

コメントは受け付けていません。